旦過市場でのオススメのお食事処②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いつもご覧いただきありがとうございます。

前回の続編です。

北九州の台所『旦過市場』での美味しいお食事処についてお話させていただきました。

小倉にせっかく来たので食べないと始まらないと食べたのが『たかちゃん亭』の『小倉やきうどん』、
海産物が中心の市場に来て海鮮料理を食べないわけにはいかないと訪れたのが『海鮮料理 みらく』。

両店とも出しているメニューは異なりますが、低価格なのに味はもうサイコーとしかいえません。

さて今回は、『旦過市場』の旦過という文字が店名になっているお店をご紹介します。

こちらが『旦過うどん』です。

旦過市場へきて旦過うどんとおおきなのれんをくぐるって店内に入ります。

この時は団体のお客さんが退店されたばかりで即入店できました。

店内に入るまでにも美味しそうなというか、完全に美味しいと確信できる香りがしてきました。

そうです『おでん』です\(^o^)/

芸能界ではダチョウ倶楽部さんや、出川哲朗さんなどでおなじみの『おでん』です。

お鍋いっぱいに煮込まれているのは、
牛すじ、厚揚げ、たまご、大根、じゃがいも、ちくわ、こんにゃく、白滝、餅巾着、ロールキャベツ、
ウインナーなどがグツグツと煮込まれていました。

旦過うどんなのに『おでん』ですか\(^o^)/
こんなに美味しそうに見えるのですからワルくないですよね!?

おでんを食べようと迷ったんですが、空腹MAXの為でこの日はいつもより寒い日だったので、
うどんの一択でした。

おつゆの真ん中にはタマゴがあり、その周りをチクワ、油揚げ、わかめ、こんぶ、ネギが入ってます。

関西人の僕にとって『うどん』のおつゆは毎回食べるごとに気になるところなのですが、
今まで食べた関西のうどんとも、東京のうどんとも全く違うお味でした。
僕個人としては関西と東京のうどんよりもこの旦過うどんの方が味としては好きかもと感じました。

以前お話した『資さんうどん』ともまたどこか違うような感じでした。

ありきたりなことですが、ただただ美味かったとそれだけです\(^o^)/

そして後日、日を改めてついに『おでん』を食べに行きました。

この日は前回の時と違って『じゃがいも』がなかった為、代わりに大根を二つ注文しました。

味については美味いしか言えません\(^o^)/
どの具材もしっかりと味が染み込んでいて、冷えた身体はすぐあったかくなりました。

スポンサーリンク

トッピンングのこのカラシもおでんの味を最大限に引き上げてくれていました。

全部食べ終えてお店を出てふと見るとこのようなお店がありました。

おでんを食べたばっかなので、もうこれ以上は食べれません!!!!と思ったのですが、
別腹でこちらの揚げたての『コロッケ』をいただきました。

市場で陳列されている『コロッケ』を見るとなぜか幼少の頃を思い出します。

昔懐かしい気分にもなれて、食べ物も美味しいこの『旦過市場』。
北九州市へお越しの際はぜひとも立ち寄って見てくださいね\(^o^)/

ここまでのお話では『修羅の国』のかけらも感じません(笑)

それよりもここから帰りたくないなと思う日々の連続でした

旦過市場のみなさまありがとうございました

次回は初めての休日で北九州市内を離れてのお話をさせていただきますので
楽しみにしていてくださいね

続く

夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。