journey-旅-

北九州での初日の過ごし方と絶品『資さんうどん』

スポンサーリンク

いつもご覧いただきありがとうございます。

前回の続編です。東京羽田空港から北九州空港に到着し、
そこからバスに乗り、小倉駅前に到着して生活拠点になるダイワロイネットホテルへ移動してと…

これらを言葉でいうのはめっちゃ簡潔なのですが、

スポンサーリンク

これを実際に身をもって体験してみると一言で『しんどい』につきます。

国内でこんなにしんどいと感じるのなら、
例ですがサッカー日本代表の海外遠征での移動疲れは想像を絶するなと…

ホテルに到着して今回の勤務先へ移動して挨拶に行きます。

しかもホテルから職場までは徒歩で行けると\(^o^)/
東京のような鬼激混みな通勤電車とは無縁になるんだと顔が怪しくニヤつきました。

徒歩約10分ほどでしょうか期間限定の勤務先に到着します。

そしてまず先行で二月より現地入りしていた上長より今後についての語られます。

こんなことは口から避けても言ってはいけないと判っているのですが、
彼がなにを話していたかは眠たかったのであまり聞いてなかったのですが、
唯一聞こえてきた言葉が『仕事できているので、ハメを外しすぎないように』と…

『ハメを外しすぎないように』ということは、
『ハメを外してもえんやな??!』と解釈し
表情は真剣な顔のフリをするフリをしていましたが、
素直で正直で純粋なのか、心の中の表情は白目のむいた変顔を晒していました\(^o^)/

上長からの話も終わり、徒歩でホテルに戻ります。
イコール自由時間になりますので、何をするかをまず考えます。

そう考えていたら腹も減るわけです。
なのでなんか食おうと決めて色々探します。

そこで入った店が『資さんうどん魚町店』でした。
とにかく空腹感マックスであったのでいつもみたいに何を注文するのか迷うことなく
一目見て即決できました。

店の写真を撮るのもしていなかったのですが、うどんの写真だけは撮っていました。

空腹感マックスであったせいもあったのかはよくわかりませんが、とにかく美味かったです。
主観ですけども、味付けも東京で味わったことのない独特な味付けで、この右に添えられている
真っ赤な明太子は特に今まで食べていた明太子はまがい物だったのかと思ったほど絶品でした。

その後『資さんうどん』についてネットで検索するよりも、地元の人に聞いてみようと試みました。

『資さんうどん』って知ってますかと、全然知らない人何人かにインタビューをしました。
男性に聞くよりも女性の意見を聞いて参考にしようと思い浮かんだのです。

まあナンパですね(笑)

なぜかというとこの世の中には女性ターゲットにしているモノがありふれているので、
そういった観点から数分間で数人にお声かけさせていただきお答えいただきました。

その数人の回答はすべて同じ回答が返って行きました。

その回答は『知っている』のみでした。
ある人(この方は男性です)に聞くと『知らない人はいないよ』というほど北九州では有名であり、
生活の一部でもあるという方もいらしゃいました。

そんなこんなで1日目が終わったと思ったのですが、ホテルの部屋には東京の自宅から送った
荷物が多々あるため安堵することなくそのままホテルへ帰るのです…

続く

スポンサーリンク

夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク