未分類

秋を感じる言葉の秋晴れの意味と空模様とは?

スポンサーリンク

いつもご覧いただきありがとうございます。

B’zの記事ではありません。

秋になるとよく耳にする言葉が気になり記事にしてみました。

秋晴れ

秋の季節になればみなさん耳にする言葉ではないでしょうか?

それゆえに秋晴れとはなんなのか気になり

色々調べてまとめてみました。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

秋晴れとは?

綺麗な素敵な動画で秋晴れをお楽しみいただけます。

秋晴れとは…

秋晴れとは雲ひとつない晴天のことです。秋晴から受けるイメージは他の季節の晴れや晴天と大きく異なります。
秋晴をもたらすのは秋の移動性高気圧で、日本上空を乾燥した空気で覆うため、空が一層澄んで見えます。また、秋は夏と比べて陽射しが弱まることも、すがすがしい心地にさせる理由のひとつです。

出典:お天気.com

ご覧の通りでございます。

秋晴れとは

雲ひとつない空が特徴のようです。
秋特有の空気が澄んでいて雲ひとつない晴天

のことをいいます。

雲ひとつない空とよく聞きますが、
実際目を凝らしてみると
どこかしらには雲は見えることもしばしばあります。

さらに

秋晴れのイメージは他の季節の腫れと晴天とは異なる

秋の空は春でも夏でも冬でもない秋特有の空模様であるとも伝わりますね。

それゆえに

日本上空を乾燥した空気が覆うことで秋晴れが起こる

と考えても良いでしょう。

テレビなどの天気予報では
空気が乾燥していますと天気予報で気象予報士の方が言われています。

それゆえに

空気が乾燥するからこそ雲ひとつない空と感じることができる

というわけです。

空気が乾燥するからこそ人間も肌が乾燥したり、唇にリップを塗ったりと対策をして
季節の変化に対応しなければいけないということも納得できますね。

余談ですが

台風一過も秋晴れの空になることも多いです。

いつもは雲で覆われてその姿をあらわすことのない
富士山が見えることもあります。

空気が澄んでいる=秋晴れ

空気が澄んでいる=雲ひとつない

このように解釈もできます。

まとめると

日本上空を乾燥した空気で覆う

空が一層澄んでみえる

さらに

秋は

夏と比較して日差しが弱い

清々しい心地になる

まとめ

いかがでしたでしょうか?

秋晴れという言葉の意味と空模様についてお届けしました。

普段日常で使用する言葉の意味をほんの少しでも深く理解できました。

この記事をごらんになって秋の空を眺めて秋晴れを感じていただければ幸いです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です