LIVE情報

BONJOVIボンジョヴィ来日ライブ11/26東京ドーム公演ネタバレ、セトリ、感想レポート!

スポンサーリンク

いつもご覧いただきありがとうございます。

B’zの記事ではありませんが、
B’zにも関連することもあります。

2018年11月26日

ロック界のモンスターバンドが日本に帰ってきてくれました。

そのモンスターバンドとは

BONJOVI(ボンジョヴィ)

日本のみなら全世界で支持され愛されているロックバンドです。

まさにモンスターバンドです。

今回はそのボンジョヴィのライブに参戦してきました。

今回はその感動の模様をネタバレもセトリも感想をお届けします。

それではお楽しみください。

スポンサーリンク

BON JOVI
-THIS HOUSE IS NOT FOR SALE-JAPAN TOUR2018

会場:東京ドーム
開場:17時半
開演:19時

日本を代表する超巨大なLIVE会場

東京ドーム

B’z、Mr.Childrenなどの国内の超一流のアーティスのライブや
ジャニーズ系やAKB、乃木坂などのアイドルグループが
コンサートで使用することでも有名です。

東京ドームは邦楽アーティストのみならず、
洋楽海外アーティストも来日LIVE時に利用することもあります。

しかし

東京ドームでLIVEできるアーティストはほんの一握りです。

昨今では、

セリーヌディオン、ポールマッカートニー、テイラースウィフト、BTS…

超がつく人気アーティストです。

BONJOVIボンジョヴィと日本のつながり

そのなかでも今回のボンジョヴィは

東京ドームの常連の洋楽バンドです。

毎年毎年来日するわけではないのですが
ボンジョヴィは日本のことをとても大事に思っているとも語っています。

東日本大震災の時にも日本の皆さんのたいして

7年前のジョンです。

・離れていても心で繋がっている
・友達(トモダチ)

言葉は英語でもこの気持ちが嬉しすぎます。

上記ゆえにボンジョヴィは日本とつながりが深いのです。

ボンジョヴィが世界的アーティストになったのは
日本でのブレイク発とも言われています。

日本でブレイクしたことに対しても
常に感謝してくれていて、世界の超スーパースターになっても
国内海外のみならず音楽以外の謙虚な姿勢に人々は魅了されるのです。

2013年12月4日の
Because We Canツアー以来の5年ぶりのツアーです。

開演前の東京ドーム

グッズの売れ行きも…

ご覧の通り

SOLD OUT

Tシャツもサイズによっては完売しています。
さすがは世界のボンジョヴィの人気です。

開演前の東京ドームは

このようにライトアップされています。

TOKYO DOMEの真下には
ボンジョヴィのLEDが\(^o^)/

みなさんこちらで写真を撮ったりして楽しんでいらっしゃいました。

東京ドーム内は…

このように

動画撮影禁止。

カメラでの撮影は

スマートフォン(スマホ)のみ可能

デジカメ持参しましたが断念です(笑)

座席はアリーナ席でしたので
アリーナ席の図も…

スタンド席と違い高低差がないために
自分の真正面が背の高い人や、
ヒールを履いた女性がいないことを願いました。

LIVE開演!

開演は19時の予定です。

この日は開演の約2分前に東京ドームは暗転しました。

時間きっちりというよりもフライング気味でしたが無事に開演しました。

その様子を…

暗転とともにステージ上の正面のLEDに

日の丸が映し出されます。

日本に帰ってきたぜ!

というボンジョヴィからのメッセージと感じました。

僕は感動し涙が止まりませんでした。

その後…

モニターには巨大な家が映し出されました。

このツアーのタイトルである

This House Is Not for Sale

 

上記のアルバムのタイトルです。

2016年に発表されたアルバムを引っさげてのこのツアー。

オープニングにはふさわしいこの一曲です。

ステージ上は…

このようにボンジョヴィのリーダーの

ジョンボンジョヴィ

を含めバンドメンバーが登場すると
東京ドームは天井が突き破れるかほどの大歓声でした。

東京ドームには日本人のみならず
世界各国の外国人のファンの方も多数いらっしゃいました。

アメリカから全世界が大熱狂するほどのスーパースターが
ちいさな島国の日本に来てくれたことに感謝せずにはいられませんでした。

ジョンも嬉しそうな表情をしていました。

きになるのが

ジョンの声のコンディション

上記をご覧の通りかっこよくイケメンでもあるジョンも56歳です。

気持ちは若くても老いには勝てません。

冒頭の動画のジョンは金髪なのですが
このLIVEの写真を見れば一目瞭然で

ジョンの髪は白髪

白髪(しらが)というよりも
圧倒的存在感とオーラ漂うシルバーヘアにも感じました。

歌声はCDで聴くジョンの声とはまるで別人でした。

良い意味ではありません。
悪い意味でです。

このことでボンジョヴィは終わったという方々もいたそうです。

しかし

歌が思うように歌えなくなって辛く苦しいのも
ジョンがどこの誰よりも気づいているはずです。

それでも全世界で待ってくれているファンのために
満身創痍(まんしんそうい)の状態でもステージに立ってくれているのです。

そんな状態でもボンジョヴィのLIVEはサイコーの一言でした。

アルバムのツアーというものの
全世界で大ヒットした名曲をドバッと盛り込んだ選曲でした。

通常なら

またこの曲か

とかセットリストに文句や苦言を呈される方もいることも事実ですが、
ボンジョヴィのLIVEに至っては、

「この曲はここでやってくれるかな?」

がドンピシャに当たります。

今回の三曲目に選ばれた

「You Give Love A Bad Name」

ボンジョヴィといえばこの曲であるの代表曲です。

この曲が始まるまでのファンへの煽り方も定番とされています。

その定番とされていることにでも大熱狂してしまいます。
僕はね(笑)

例えるなら

ダチョウ倶楽部の「押すなよ!」

もう定番とされていても誰もがネタバレもしているのに
永久に笑えるネタです。

ボンジョヴィとはやっていることは別物ですが
共通することは

定番で鉄板である

上記のことは誰しもに成し遂げられることではありません。

それだけボンジョヴィの偉大さが伝われば幸いです。

ジョンの声は前回の来日公演よりも
歌ってて苦しく辛そうに見えましたが、
一人の人間が必死にステージで魅せる生き様に胸が熱くなり
涙も流れてきました。

声が出ていないのは誰がどう見ても明らかです。

それでも5年ぶりに日本にやってきてくれて
サイコーのロックショーを見せてくれたのです。

ボンジョヴィには

ギター:リッチーサンボラ

という最強のギタリストがいました。
数年前までは…

現在そのリッチーはボンジョヴィにはいません。

ジョンはリッチーの脱退で声が出なくなったと語っています。

そんなことでも前に向かって一歩踏み出してくれていることが
今回の来日ライブで感じました。

下記のセトリをご覧のとおり名曲のオンパレードです。

そこで注目してほしいことが

世界中で知られている!

上記の通りです。

この東京ドームで演奏されて歌われている曲は、
日本だけではなく世界中でも演奏されて歌われているのです。

日本の邦楽アーティストもすごいです。

B’zもMr.Childrenも圧倒的な存在感と音とサウンドと歌声と演奏で
見るもの全てを魅了してくれます。

しかし世界中でとなると話は変わります。

ボンジョヴィは世界です。
その世界の中の一つが日本であるのです。

イントロいだけで日本のみならず世界中で大熱狂できるヒット曲のすごさを
改めて実感した瞬間でした。

2時間半ぶっ続けのLIVEでヒットソングのオンパレードです。

ジョンのコンデションをバンドメンバー全員で支えている姿も
美しく見えました。

そこに完璧なものはなくても人として大切な何かを教えられたLIVEでもありました。

アンコールラストの

「Livin’ on a prayer」

ラストにこの曲は来日し三回連続のラストソングです。

それだけにこの曲がいかにボンジョヴィとしての
代表曲なのかがわかると思います。

東京ドーム全体で大熱唱でした。

そして…

ジョンのこの渾身のパフォーマンス\(^o^)/

この両手を広げるパフォーマンスに
東京ドームは大歓喜でした。

そして最後に…

メンバー全員で挨拶をして
ボンジョヴィの東京ドーム来日ライブは幕を閉じました。

セットリスト(セトリ)

This House Is Not for Sale
Raise Your Hands
You Give Love A Bad Name
Whole Lot of Leavin’
Lost Highway
Runaway
Roller Coaster
When We Were Us
Born to Be My Baby
It’s My Life
God Bless This Mess
We Don’t Run
Keep the Faith
Bed of Roses
Lay Your Hands on Me
Who Says You Can’t Go Home
I’ll Sleep When I’m Dead
Bad Medicine

Encore
We Weren’t Born to Follow
Blood On Blood
I’ll Be There For You
Wanted Dead or Alive
Livin’ on a Prayer

出典:NME公式

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

LIVEレポートとしてはどうかわかりませんが、
5年ぶりの来日のボンジョヴィの東京ドーム公演で
僕が思った感想を述べさせていただきました。

思うように歌えない、声が出ない

それでもステージに立ち続けてくれているジョンの姿に涙したのは
僕だけではないと思います。

世界のスーパースターのジョンも一人の人間だと…

LIVEはサイコーでした!
それ以外に言うことはありません。

少しはなしが変わりますが

B’zの稲葉さんが声が不調で歌うのが苦しかったのシーンを見て
今回のジョンをみて

なんども言いますが

人としての生き様が一番感動したポイント

です。

僕の拙い(つたない)文書ではありますが、
この想いが伝われば幸いです。

ボンジョヴィのメンバーの皆さん、スタッフの皆さん、参戦された皆さん。

ありがとうございました。

人気の参戦ライブレポ記事

実際に僕が参戦したLIVEレポ

【超感動したレポ】行ってきた!矢沢永吉さん69歳LIVEのSTAY ROCKin東京ドームが凄すぎた!奇跡のチケット直前販売に感謝!矢沢永吉さん69歳LIVEのSTAY ROCKin東京ドームに行ってきました!奇跡のチケット直前販売に感謝でございます。気になるその内容は・・・?...
B’z LIVEin味の素スタジアム最終公演FINAL参戦レポ!涙と感動!B’zの生き様はまさにHINOTORI!B’z LIVEin味の素スタジアムの千秋楽に行ってきました!B’zの生き様はまさにHINOTORIそのものでした。その気になる内容とは・・・?...
【B’z30周年記念日LIVE参戦レポ!】味の素スタジアム行ってきた。祝福の雨と寒さと感動と興奮と大熱狂でヤバかった!いつもご覧いただきありがとうございます。 今回はB’zの記事を書いていきます。 ついにこの日がやってきましたね! 2018年9月2...
【セトリ演出ネタバレなし!】B’z LIVE-GYM Pleasure2018-HINOTORI-日産スタジアム行ってきたいつもご覧いただきありがとうございます。 前回はB’z LIVE-GYM会場の日産スタジアムとB’zについて https://roc...
安室奈美恵 Final Tour2018-Finally-6/3 東京ドーム最終公演FINAL参戦レポート!いつもご覧いただきありがとうございます。 今回もB’zの記事ではありません。 ですが B’zファンの方にもぜひ観ていただきたい記事...
テイラースウィフト来日ライブ11/20東京ドーム公演初日のセトリ、ネタバレ、感想レポート!テイラースウィフト来日ライブ11/20東京ドーム公演初日のセトリ、ネタバレ、感想レポート!参戦した自身の感想をお届けします。超必見!...
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です