B’z 30th Year Exhibition SCENES 1988-2018へ行って来た①ミュージアムの詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いつもご覧いただきありがとうございます。

前回の続きでは無いのですが、久々にrockな内容のお話をさせていただければ幸いです。

先日までは六日連続で東京各地で桜を観て来て、本日4/2とあるイベントへ

スポンサーリンク
行って参りました。
ネタバレありですので知りたくない方はご注意ください。
シアター鑑賞レポはこちら

B’z 30周年を記念する展示会

僕がrockにどっぷりはまってしまったきっかけにもなりました【B’z】のイベントです。
その名も【B’z 30th Year Exhibition SCENES 1988-2018】です。

タイトルの文字通りでB’zの30周年を記念した展示会でございます。
期間は上記の写真の通り四月一日から六月十五日までの約二ヶ月です。
さらに前期:4/1〜5/6(1988-2002)後期:5/11〜6/15(2003-2018)に分かれており、
本日は前期:4/1〜5/6(1988-2002)を楽しめます。

駅からのアクセス

場所は東京都千代田区有楽町にある(有楽町インフォス)の敷地内にその会場はあります。
アクセスはJR『有楽町駅』下車し(京橋口)すぐ、東京メトロ有楽町線『有楽町駅』下車(D9出口)すぐ、東京メトロ有楽町線『銀座一丁目駅』下車(1出口)徒歩3分とアクセスも便利です。

土日を避けて平日に!でも…

【B’z 30th Year Exhibition SCENES 1988-2018】は昨日の4/1から開催しています。
昨日の4/1は土日祝日と開催初日ということも重なって、様々な問題が発生したそうで(T-T)

でも今日の4/2は平日の月曜日です。世の中の人が休日である一日です。
なので平日なので人も空いててゆっくりのんびりできるだろうと思っていました。

しかも今日の平日はミュージアムは入場無料土日祝のみ前売り¥1,500、当日¥1700というなんともうれしい日なのです\(^o^)/

しかし、天下のB’z様の30周年を記念する展示会のために開演時間の11時の入場枠は終了と(T-T)
公式のtwitterでこんな記載がありました。(witter連携がわからないため下記参照願います)

平日となりますが本日も多くのお客様にご予約頂いているとのことです。
シアター鑑賞券も5/6まで完売、11時開場なのに11時のミュージアム当日入場券の配布は終了したと…どーゆーことやねん!!!
ということ=それよりも前に大勢が並んでいるではないんかいと思うわけです。
さらに先ほどの写真の続きがコレです。↓

運営側がめちゃめちゃ

よーく読んでいただければなのですが、右の写真『本日の当日券は10時半より発券します。』の下の時刻…10:28です。

それに左の写真『11時回の当日入場券の配布は終了しコレから並んでも入場不可』と…
コレからって10:17ですよね!?

要するに『11時には入れませんよ、でも10時半から発券しますね』と思ってしまい…
はっきりいって意味不明です\(^o^)/
時系列もへったくれもないような…

東京都民の僕がわからないだけならまだしも、今日のこの日のためにお休みを取られて遠方より上京された方々も多いはずだと思うのでこの表記で、しかも当日の開演前に発表されているのでえ??と思うのは僕だけなのでしょうか…

まだ開催されて二日目なのでトラブルもあるのでしょうが、今後【B’z 30th Year Exhibition SCENES 1988-2018】へご来場の予定の方がいらっしゃったら余裕を持った行動と、現在の現地の様子を公式twitter かtwitterで(B’z  Exhibition)で最新情報をお調べいただく事を強く強くオススメします。

11時の次は13時

上記の事はもう仕方ないので、会場に11時ちょいくらいに到着しました。

会場についたものの着いてからが特に大変でした。(T-T)
13時の回の受付は12時半から開始すると案内がありました。

この有楽町インフォスはもともと『無印良品』さんが出店しており、会場内に入って待機しようとするも
『ここは無印さんの敷地内のために待機しないで』とのことです。

まあ確かにそう言われてみると無印さんの店舗のその奥が今回の会場の為に、無印さん側に配慮しなければいけないのはごもっともです。

どこで待機するのか考えたところ、たまたま無印さんの店内にカフェスペースがありそこに座り
12時半をひたすら待つのですが、そのことで大きなトラブルに発展するかもしれないようなことが…

会場のエントランス近くのこのカフェをたち時刻は12時20分ごろなのでエントランスへ向かいます。

スポンサーリンク

そうするとスタッフが来て『いったん外へ出てください』と指示があります。
そしてその時の外では信じられないくらいの長蛇の行列が出来ていました。

そこで一人のスタッフから『この時点で並んで頂きても列としてカウントしません』と。
さらにもう一人のスタッフは『現在お並びの方でもこの会場に一時間前に来た人はいますか??その方を優先とします』と謎の言葉が発せられます。

そしたら僕も含め皆が挙手しその場は大荒れになりそうな空気になりました。
そんなん言われたら誰でも手挙げたくなるわと思いました(笑)

たまたま僕は11時ちょいくらいに到着しているので、後から来ている人が自分よりも前に行くことに納得いかないとスタッフを説得し、受付の定刻12時半になると何事もなかったかのようにエントランスを通ることが出来ました。

僕の後方の列はこんな感じでした。

もはや平日も土日祝も関係ないほど混んでました。

でもここに入れたのなら、ここまでのことはスッキリ忘れて楽しみモードに入ります\(^o^)/

B’zのお二人(巨大パネル)がお出迎え

さらにその奥には…お祝いのコーナーが。
右端はもう『WOWOW』と想像しなくてもわかりそうです。
さらにど真ん中あたりにB’z様『GLAY』と…
『カウントダウンTV』もありますね。
上記の写真のさらに左側の写真です。
改めて30年の歴史を感じます。

B’z 30th Year Exhibition SCENES 1988-2018の中身

豪華パネルを眺めたりしていて時刻も13時になりました。
ついにB’z 30th Year Exhibition SCENES 1988-2018を楽しめます。

そこで入場後の注意点が案内がされます。

  • ミュージアム内にトイレはない、しかも再入場不可
  • ミュージアム、シアター内での写真動画撮影、動画配信厳禁
  • スーツケース等の大型の手荷物持ち込み禁止
  • 『Audio Guide』券売機での高額紙幣使用不可

ということでここから撮影禁止区域のため、僕のお話でどんなのだったか想像と妄想してください。

まずミュージアムの入り口を入るとB’z のお二人が今年の二月に終わったばかりの『LIVE DINOSAUR』での未公開LIVEの大型パネルが迎賓してくれます。

そこを通り抜けると、真っ黒なカーテンに挟まれながら細い通路を進みます。
そこで、簡単な受付があります。

絶対オススメしないと損かも?な『Audio Guide』


このミュージアムでは『Audio Guide』があり、B’zの松本孝弘さん、稲葉浩志さんのトークが約40分ほど入ったなんとも豪華なサービスです。
僕は事前に購入していたので問題なかったので一安心です。

ただ会場でも当日¥600で購入できますが、上記に記載のあった

  • 『Audio Guide』券売機での高額紙幣使用不可

のために前もって両替しておいてと案内があったので、小銭のご用意をしていた方がオススメです。

『Audio Guide』はヘッドフォンを差し込み、各コーナーで『この番号を押してください』のような表示がありますのでその番号にしたがって番号を押すと、B’zの松本さんと稲葉さんが対話しながら各コーナーでのエピソードについて語ってくれます。

その内容は熱狂的ファンであっても初めて知ったようなネタもいくつかありました。

平日無料で入れて、さらに¥500で前売り購入した『Audio Guide』でB’zのお二人の対話まで聴けるなんて
こんなにお得でサイコーなことはありません!!!断言できます。
『Audio Guide』絶対オススメです!!!

これまでの作品の『ゴールドディスク』

『Audio Guide』を装着して、その目の前に広がるのはB’zがデビューしてから今日までの全作品の
『ゴールドディスク』がずらりと並んでいます。
ミュージアム用にジャケットは新しいのかと思いきや驚いたのが、その展示されているCDジャケットは
表面が焼けていて、B’zが30年積み重ねて来たことそのものがジャケットの経年変化に現れていました。

ゴールドディスクの正面には、先日B’zの松本さん、稲葉さんが直筆でサインされた大型のパネルがあり
B’z好きにはたまりらない内容です。

1988年から2002年への歴史

大型パネルを堪能した後は、1988-2002年の年表があり、B’zの歴史を振り返れます。
『Audio Guide』ではデビューに至った経緯をB’zのお二人が対話してました。

豪華すぎるstudio セット

上記の年表を堪能した後は、B’zのレコーデイングで使用していた機材が展示されています。
マニアックな話になりますが、松本さんが愛用しているgibson社のレスポールというギターがありまして、松本さんはgibson社から松本さんオリジナルのレスポールの契約をしております。

これは当時1999年世界で五人目の快挙として大きな話題となりました。
思い出せば20年も昔のことなんですね…

そのブースには松本さんモデルのレスポールがあり、そのレスポールには洋楽バンドのAerosmithのギタリストのジョーペリーの直筆サインがされており、さらにその左方向には今年の『LIVE DINOSAUR』で使用された松本さんが長年愛用されているレスポールもあります。
しかもそのギターには無数の傷や塗装の剥がれ等が確認できます。
左端には稲葉さん愛用のアコースティックギターがありgibson社のJ-45というモデルもありました。

このブースも『Audio Guide』ガイドが楽しませてくれます。

松本さん使用ギター、アンプ機材のオンパレード

上記のブースに興奮していたのも束の間でその隣には1988-2002年までお二人が使用されて来た数々のギター、アンプ機材、松本さんのギターストラップ、『ZERO』『裸足の女神』で使用されたドリルやB’z歴代のツアーロゴ入りのスタッフパス、松本さん稲葉さんのイヤモニまで今まで至近距離で見たこともないようなものまでみれてさらに『Audio Guide』がその解説をしてくれます。

涙モノ!!!1988-2002年のLIVE衣装とステージセット

上記の楽器などのブースを超えた後にはなんとB’zの初LIVEから2002年のLIVEまでの衣装が
展示されているのです。30年も前の衣装を見ると昭和と平成を感じることができます。

それも歴史の一部として、時代の移り変わりと同時にLIVE衣装のデザインも近代化していき、
稲葉さんが『LOVE PHANTOM』で高所から飛び降りたときのあの衣装がありました。

実際にお二人がLIVEで着用したいたものが今この目の前にあるとおもうと感動が止まりません。
そして2001年の『ELEVEN』のステージセットの模型が展示がありました。
さらに2003年の伝説の豪雨の『B’z LIVE-GYM The final pleasure-its showtime-渚園』での
あのファイヤーバードのステージの模型もありで楽しめすぎてヤバいです\(^o^)/

さらに『Audio Guide』がその解説をしてくれるのでもうサイコーすぎるのです。

直筆の歌詞、作曲に見える苦悩と葛藤

豪華絢爛なステージと衣装を堪能したその後は、稲葉さんが書いた作詞、松本さんが作曲した譜面が
展示されていました。

B’zデビュー初期の頃の松本さんが書いている譜面では、稲葉さんに問いかけているような文字や、松本さん印の赤でTMと捺印されている譜面もありました。

稲葉さんの作詞ノートは何故なのか、作詞中に落書きの箇所がいくつか見られ、いままで見たこともなかったものではありますが、昔某音楽番組で『ultra soul』の歌詞を書いているのはコピー用紙の裏と話していたその『ultra soul』の歌詞もありました。

このブースでも『Audio Guide』が大活躍です。

松本さんと稲葉さんのお宝

歌詞、譜面のブーズの両サイドには松本さん、稲葉さんのされぞれのお宝のコーナーがあります。

  • 松本さん:稲葉さんからもらったネックレスや愛用のレイバンのサングラスなど
  • 稲葉さん:横浜大学時代の長髪の写真、勝新太郎さんからいただいたテンガロンハットなど

お二人にとってのお宝ですね完全に\(^o^)/

Exhibition限定コラボグッズストアの中身

ミュージアムの興奮冷めやまぬ中、その奥にはExhibition限定のコラボグッズストアがあります。
このストアは撮影許可の場所なので撮影しまくりです。



このようなお写真がお出迎えしてくれます。

色とりどりの歴代シングル&アルバムのポスターたち。
※全作品ではありません。

話題のB’z人生ゲーム。(購入は一人につき一点です)

B’z限定『G-SHOCK』
後日に抽選販売とのこと…

『LIVE DINOSAUR』で『ultra soul』の時に稲葉さんがかぶっていたのはこれです。
今回一番の僕の目当ての商品です。(購入は一人につき一点です)


お二人をイメージして作られたマスコット。

アナログ盤レコードプレイヤー。

歴代のCD音源、映像作品の数々。

僕も愛用しているSchottのライダース。
右が松本さんモデル、左が稲葉さんモデル。
松本さんモデルのレザーは柔らかくて薄手に感じ、
稲葉さんモデルレザーは厚手で松本さんのよりは硬い感じがしました。
一着15万越えですので、購入される方は参照いただければ幸いです。
左:稲葉さん『オリジナル ブルースハープ』
右:松本さんモデル『Gibson レスポール』
※松本さんモデルは抽選販売らしいので、確認要です!!!
まとめ
さていかがでしたでしょうか???
長年のB’zファンの方も最近ファンになられた方も含めて是非とも
このB’z 30th Year Exhibition SCENES 1988-2018

都内近郊の方も、これから遠方から遠征の方も含めて楽しんでいただければ幸いです。
長文にお使いいただきありがとうございました。

B’zの過去LIVEなどがWOWOWで

そしてあのB’zがなんと五ヶ月連続で『WOWOW』放映されます。
しかもB’zのLIVE映像も盛りだくさんとのこと^ ^
さらに数年前に放映されて大好評だった
B’zの2012年のアメリカツアードキュメント『Only Two』も再放送決定^ ^
僕もWOWOWは加入しているので、B’zの歴史を振り返る機会にもなります。
もしかすると、B’z史上初WOWOWにてLIVE生中継があるのかも知れません
それで初月はなんと初月料金なし!
そのうえ翌月から加入料¥2,300(税抜)です。
ご加入は↓で加入できます。
WOWOW_新規申込

Bzの人気記事は
こちらに盛り沢山あります。

B’zディズニーコラボ大特集

前期総集編を作りました後期もどうぞ!







スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。