B’z 30th Year Exhibition SCENES 1988-2018へ行って来た⑫完全密着!平日早朝グッズ大争奪戦レポート!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いつもご覧いただきありがとうございます。
前回はオーディオガイドからのB’zまさかの衝撃発言についてのお話でした。

今回は違った内容で、現在東京有楽町にて開催中の
B’z 30th Year Exhibition SCENES 1988-2018』で販売されている限定グッズ関連の話題です。

スポンサーリンク

この記事を見ることにより欲しくてたまらないグッズが手に入れられるきっかけになれば幸いです。

完売だらけ

Exhibition 公式サイトをこまめにチェックしている方ならご存知だと思いますが、
B’zの30周年を記念した有名企業とのコラボグッズの人気が爆発して止まることがありません。
そのために転売目的で購入する輩も多々いるようで、欲しい人に定価で行き渡らないのが現状です。
一例ですが(4/24の13時半ごろです)…

最初から活字だらけ見せられてイラっとした人もいるかもですが、これが現実です!
完売していますので本当に商品が無いのです。
午後にはもう欲しいモノがないとお嘆きの方も多々いるようです。
そうしたらどうやったら買えんるじゃコラ!タココラ!(長州力)と言いたくなりますよね。
では僕がどうしたら欲しいグッズが買えるかを身を持ってお伝えしていきます。
あ、まだ終わりませんからね^ ^

最強の予約券

もう答え言ったも同じですね。
予約券です。
これが有ると無いとでは天地の差を感じることになります。

そもそも予約券とはなにか?ですが、
ミュージアム入場するための予約の券です\(^o^)/
そのままやないかコラ!と言いたい方、いまからその内容をお伝えします。

土日は有料、平日は無料のミュージアムですが、何故なのか予約券という謎の券が存在します。
これに関しては館内のスタッフに伺って知り得た情報なのですが、

  1. 予約券は事前に取得できる券で、当日券よりも優先される権利がある券。
  2. 当日券は当日に並ばないともらえない券で、予約券よりも後回しになる券。

と簡潔に解説していただきました。

予約券取得方法

ではその予約券とやらをどうやって取得すればいいのかをご説明いたします。
取得するために必須事項があります。
まず『B’z CLUB-GYM』に入会これが必須です。
これが面倒だと思う方は完全に諦めてください。
公式のtwitterでもこのようにアナウンスしています。

詳しくは上記参照し予約券を取得願います。

僕が取得した予約券はコチラです。

このようなデジタルな画面を高性能でも低機能でもよいので、
スマートフォンなどでスクリーンショットに取ることでチケット取得になります。
これで予約券の取得は完璧ですね\(^o^)/

当日どうするか…

さぁ予約券も取得し買いたいグッズを買えるとワクワクして来るのですが、一つ疑問が生じます。
予約券持ってはいるけど、持っている人は何人いるのか?
11時定刻に行ってストアへ入ってグッズが買えるのか?
そんな考えを持っているのは僕だけでは無いと思い、僕はネットを駆使し調べまくります。
すると素敵な情報が飛び込んできたのでございます\(^o^)/

朝から並ぶ

文字通り朝から並ぶのです。
朝の何時から並んでるのかはよくわかりませんが、
2度と戻らない時間をB’zのグッズの為に捧げるのです。

そして僕は朝の8時前に有楽町インフォスの前に到着します。
11時会場するなら三時間くらい余裕あれば楽勝でオレが一番やと調子こいていましたが、
こちらを…

このとおり僕は調子こいてました。
先に先頭集団が到着して開場をいまかいまかと待機されておりました。
この時午前7時47分です。
僕は八番目でした。
並んでいる方の中には予約券なしの当日券目当てで並んでいる方もいらっしゃいました。
その方は僕よりも早く一番乗りされていましたが、
その後その方は思いもよらない展開に飲み込まれます…

列に人が増える増える

僕が到着してから人がさらに増え始めます。

この時点で9時前です。
季節の変わり目のために日陰はひんやりして寒かったのを覚えています。


日差しが強くなること想定されているのか日傘の用意や、タオルを頭上に乗せる方も散見されます。

スポンサーリンク

このようにTwitterで僕も注意喚起していますが、伝われば良いのですが…
さらに人は増えます。
こちらを…


9時を経過する頃には折り返しの列が出来ました。
それと同時に警備員さんが登場します。
異常な事態とはこのような事ってそんなのアリですか?!のようですね(笑)
現場は(笑)のように誰も笑っていませんでした\(^o^)/
その上空を何も知らん顔で、のぞみちゃんかひかりちゃんかこだまちゃんが疾走していきます。

さらに人は増えに増えていきます。
そこから運命の分かれ道が出来ます

それは…


ご覧の有様です。
列が二列に分けられました。
これは冒頭でお話しした『予約券』『当日券』に関わります。
右は『当日券』を求める列、左は『予約券』を取得済みの列です。
さらに…

このようにとんでもない人で現場周辺は大混雑に向かっていきました。
このレイバンのサングラスをかけて、B’zキャップを被る年齢不詳正体不明の男性も写っております。
そして…

今回の『B’z 30th Year Exhibition SCENES 1988-2018』の運営スタッフが登場します。
この頃の時刻は午前9時半です。
この黒のカラーコーンよりも今回のグッズのポップコーン目当ての方が大多数だと思います。
そしてここから運命が完全に分けられます。

最強の予約券と最強では無い当日券

この字のごとくの区分けされることになります。
先ほどの写真よりも決定的な証拠写真です。
コチラを…

どういうことなのかご説明します。
予約券取得者は先ほど待機していた場所から隔離される事になります。
この真正面のモザイクのかかる待機列は当日券求める列です。

僕よりも先に待機列にいた方も当日券のためにコチラで待機になります。
早く来たのにでしょうがこれが予約券と当日券との差なのでしょう…
一番乗りされた方には申し訳ないなぁという気持ちにもなります。

僕は予約券の取得済みの列にいます。
この時時刻は9時40分ごろでした。
僕の後ろはというと…

これぜんぶ予約券取得済みの行列です。
ご覧の通りで当日券を取得しても予約券取得済みの長蛇の列の後でないと入場出来ません。
まさに最強の予約券、最強ではない当日券と比較が出来ます。

入場と待機

午前10時ついにこの瞬間が訪れます。
それは…

シャッターが開いてその奥に鎮座するB’zのお二人のお目覚めです。
こんなマニアックなとこまで観れるとは思いませんでした。
以前閉店の様子を紹介していましたがこちらは開店です。

“]

どちらも観れた僕はなんて得した気分なのか\(^o^)/

午前10時になると外から、館内へ誘導されます。
しかしミュージアム内へは11時までは入れません。
待機はこのように…

コチラは僕の後方の様子です。
平日ですがもう土日もへったくれもありません状態です。
さらに人は増えに増えます。
コチラに…

朝の新宿駅かと思うほどの激混みです。
この時待機していた時に観たこともない光景が…

朝から並ぶのは初の試みのために目の前には、
朝で完売のポップコーンが山積みまでとはいきませんが数量限定でそびえ立っています。
奥には右奥には社会現象のB’z人生ゲームも確認できます。

シアター、ミュージアムは別枠

よくコチラのことでお悩みのかたもチラホラいらっしゃるようなので、
別枠の詳細について述べていきます。
こちらを…

この写真から僕の撮影位置は予約券の入場待ちです。
その前方の左のほうに当日券の列が出来て、シアターはシアターの別の列が出来ます。
シアター鑑賞にはミュージアムの列に並ぶことは不要です。
シアターに関してはお時間に余裕を持った行動をオススメします。

シアターのレポもにありますので、チケット買えなかった方必見です\(^o^)/

“]

シアター内を撮影したとか低レベルなことをいうなら、
コチラの方々にも直接苦言を呈されてはいかがでしょうか?

このツイートの前にはいろんな輩やからみたいなんから炎上ツイートが多々きましたが、
僕がこのツイートをぶち込んでから、誰も何も言わなくなりました\(^o^)/

『髪を切れ、喋り方変えろ』をいうアイツまるでどっかの先生みたいなんが、
まだまだ多数いるでしょうがお好きにどうぞです。

稲葉さん曰く『情けないヤジばかり飛ばすだけのヒマ人』が
SNSには魑魅魍魎(ちみもうりょう)です。
意味は僕の脳みそみたいなバケモノみたいな意味らしいです\(^o^)/

それはB’zファンと自称する人も含めてです。
B’zのお二人とお二人の人柄とお二人の音楽は好きですが、
輩のような一部の自称B’zファンは『いなくなってしまえ!憂鬱と一緒に』です\(^o^)/

午前11時!時はきた!!!

晴れの午前7時に出て行く僕を包んでくれた直射日光とも無縁な館内でその時がやって来ました。
今回の僕の目的はミュージアムでなくてグッズのみの購入です。
しかし、ストアへの入店への条件はミュージアムかストア鑑賞後の入店と公式で記載しています。

ではここからミュージアム内に入りますので写真はありません。
まず、受付で予約券のQRコードを提示して読み込み発券してもらいます。

ストアへは真っ先に一番乗りするためには、
全力疾走して福男決めるような関西にあるどっかの神社のように走るのかも想定していましたが、
全くそんな気配も空気感もありませんでした。

そこで、列を誘導するスタッフさんに誘導されてストアへ行くことになります。
ただミュージアム内を素通りしていきます。
しかも僕の列の後ろには長蛇の列ですので、物販目的の予約券取得者で溢れかえっていました。

じっくり鑑賞ではなくスタッフの誘導について行くだけの、
歩きながらの鑑賞の為にミュージアムの出口に数分で着きます。

先頭の誘導係のスタッフさんから衝撃の一言が…
『またのお越しをお待ちしております』と
ミュージアム観ないでグッズ目的で来ているにも関わらずなのにこの一言は胸に響きました。
ミュージアムを鑑賞している訳でもないのに少し複雑な心境でした。

限定グッズの大争奪戦

いよいよここからグッズの争奪戦が繰り広げられます。

出口に着くといっせいにストアへ駆け込むのかと思っていましたが、そうではありません。
まず、予約券の列の先頭の方から順番に一人づつストアへ入っていきます。
人気のグッズは一人一個までの制限がついていますので、
コチラを…

例のポップコーンです。
ポップコーンは美味しいのはわかってますが、今回はこの缶が目当てなのです。
それはなぜというと、この缶にはB’z LIVE-GYMの全歴代のtourロゴのイラストがあるからなのです。
(全ではないかもしれませんが…)

その缶の左隣にはパンフが山積みされています。
このパンフこそB’zの30周年の集大成的な内容です!
そんなことをにも記載してますので必見です^ ^

この30分後には…

ごらんのように完売です。
この写真の時刻は11時半でしたが、いつ完売したかは不明です。
パンフも良い売れ行きです\(^o^)/
他にも…

何度でも言いますが一人一個なのにこの売れ行きです。
さらに…

コーヒは購入制限なしのために即完売に至ります。
これが残ることはないでしょう。
これは…

こちらも人気のアイテムで一人一個まで制限つきです。
この時11時10分ごろでしたので在庫に余裕が感じられます。
でも売り切れるんでしょうけど\(^o^)/
こちらも…

ポテトチップスもこのようにダンボールから出されて、ダンボール潰しての工程です。
観ていてスタッフさんの大変さが伝わりました。

何箱も何箱もポテトチップスの袋を出してはダンボールを壊しての繰り返しです。
誰もそんなとこに焦点を当てることはないでしょうが、
このような一つ一つのお仕事があって運営されているんだなと改めて思い知らされました。
やったことある人ならわかるかもですが、紙で手を切るとめっちゃ痛いんです。
スタッフさんいつもありがとうございます。
ゆっくり休めるときはゆっくり休んでくださいね。

このポテトチップスを箱ごと買って帰る方も中には散見されました。
ダンボール丸ごと買って帰る人の中には恰幅のよい女性も男性も散見され、

これを丸ごと食うて夏のPleasureに備え結果にコミットしてultra体型を目指すのでしょうか?!
そしてそのような方が僕のようなひ弱いおっさんの隣の座席に居たとして、
腕の振りで僕に触れた瞬間、僕はある意味Pleasureのように快楽感じてホスピタルなのでしょうか?
て、なんの話やねんっ!\(^o^)/

僕は思ったまでを記載していますので、と一言付け加えさせていただきます^ ^

お会計に長蛇の列が…

僕もなんとか買いたいものを買い物カゴにいれてお会計です。
こんな感じで…

スタッフさんがテキパキと横一列でお会計を済ませてくれます。
左端の方には、ポテト箱買いに人生ゲームが見えます。
僕はこのすぐにお会計をするのですが、会計済んだ後が衝撃でした。
それは…

僕がお会計して終わって観た光景です。

お会計のレジまでたどり着くまでもが長蛇の列です…
それを稲葉さん、松本さんが四方八方からみつめてくれています。
しかしこれだけでは済みませんですみません\(^o^)/
こんな…


よくご覧ください。
お会計の列が一周しています。
この時、11時半です。
そしてこの長蛇の列を観ながらストアを去り、早朝からのお疲れのために僕は帰宅するのでした…

まとめ

さていかがでしたでしょうか?!
現在開催中の『B’z 30th Year Exhibition SCENES 1988-2018』。
前期は5/6まで、後期は5/11〜6/15まで開催中です。
すでにミュージアムは観たけどグッズ目当ての方も大多数いらしゃると思います。
コチラの記事が参考になれば幸いです。
※本当は掲載したい写真があったのですが、MacのiCloudが調子悪く出来ませんでした。
Macの回復次第コチラのブログもアップデートしますのでご了承くださいませ。
今回も貴重なお時間の中ご覧くださり感謝しております。
ありがとうございました。
今後ともよろしくお願います。

B’zの過去LIVEなどがWOWOWで

そしてあのB’zがなんと五ヶ月連続で『WOWOW』放映されます。
しかもB’zのLIVE映像も盛りだくさんとのこと^ ^
さらに数年前に放映されて大好評だった
B’zの2012年のアメリカツアードキュメント『Only Two』も再放送決定^ ^
僕もWOWOWは加入しているので、B’zの歴史を振り返る機会にもなります。
もしかすると、B’z史上初WOWOWにてLIVE生中継があるのかも知れません
それで初月はなんと初月料金なし!
そのうえ翌月から加入料¥2,300(税抜)です。
ご加入は↓で加入できます。
WOWOW_新規申込

Bzの過去の人気記事は
こちらに盛り沢山あります。

後期のストア大特集






スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。