LIVE情報

B’z松本孝弘さん、稲葉浩志さん出演で夢と感動と涙のLIVE共演レポート!ラウドネス主宰イベントMETAL WEEKENDはゲストが超豪華でロックでメタルで熱かった!

スポンサーリンク

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回はB’zとラウドネスの記事を書かせていただきます。

2018年9月22日

B’z LIVE-GYM Pleasure2018-HINOTORI-

夢と感動と涙のドキュメンタリーなLIVEのFINALでした。

その感動の翌日9月23日は

B’z 稲葉浩志さん 54歳のお誕生日

そして今日!2018年9月24日は

B’zの松本孝弘さん、稲葉浩志さんがラウドネスと夢の共演

2018年9月24日に起きた事を
夢と感動と涙の名場面がギッシリ詰まった内容としてお届けします。

それではお楽しみください\(^o^)/

スポンサーリンク

B’zとラウドネス夢の共演するの???

こちらを・・・

 
 
B’z側では・・・
 

2018.08.10

METAL WEEKEND 第4弾に松本孝弘・稲葉浩志のゲスト出演決定!!

LOUDNESS主宰のMETAL WEEKEND 第4弾に、松本孝弘・稲葉浩志のゲスト出演が決定いたしました!

公演名 METAL WEEKEND 第4弾
出演日 2018年9月24日(月・祝)
開場 / 開演 16:00 / 17:00
会場名 Zepp DiverCity Tokyo
詳細 http://wardrecords.com/page/mw/9-24/

※B’z PARTY並びにB’z Club-Gymでのチケットのお取り扱いはございません。

出典:B’z公式

▲ご覧の通りでございます。
 
 
 
松本孝弘・稲葉浩志のゲスト出演決定
すなわち
 
B’zとして出演するのではない!
B’zとして出演するとは一切明記されておりません!
 
それは・・・
 
B’zのLIVE-GYMではない
 
ということです!
 

チケットも超激戦で取れない→奇跡!

B’zで出演はせずとも、

松本孝弘(B’z)
稲葉浩志(B’z) 

B’zファンが行きたいとエントリーするのは目に見えています。

僕も何度かエントリーしましたがものの見事に外れるのです・・・

あぁもうあかんわ・・・(T-T)

と諦めようとしたその時・・・

チケット一枚あります!トモヤくんにはぜひ見て欲しい!

何事が起こったのかわかりませんでしたが、
僕のためにチケットを用意してくれていたのです。

僕にチケットを譲ってくれた方は、
東京有楽町でのB’z exhibitionの後期の展示会場で知り合った方でした。

僕が書く記事や、僕の熱意に共感してくれて意気投合した一人でもあります。

B’zが運んでくれたご縁なのです。

味の素スタジアムで松本さんが言っていた

これは奇跡ですよね・・・

奇跡とはこういうことでもあるのだと・・・

ありがとうございました。

記事を終わらせる気はないですから(笑)

ここからが本編でございます!

METAL WEEKEND LOUDNESS&FRIENDS inZEPP Diver City

2018年9月24日

会場は・・・

▲ご覧の通りでございます!

東京はお台場が今回のLIVEステージなのです!

限定Tシャツが激レアでプレミアム過ぎる!

こちらを・・・

出典:METAL WEEKEND公式

▲こちらでございます。

僕は24日に参戦なのでこの限定Tシャツをどうしても着たいと・・・

この背中の文字に・・・

 
▲こちらでございます!
 
HIRONOBU KAGEYAMA-LAZY
 
KOSHI INABA-B’z
 
NAOTO SHIBATA-ANTHEM
 
SYUNJI INOUE-LAZY
 
TAK MATSUMOTO-B’z
 

いかがでしょうか?

完全にもうB’zではないと明記されている通りでした。

このTシャツを到着の遅い僕のために買っておいてくれた素敵なお姉様!
めちゃめちゃ感謝しております。

当然のことながら大人気の商品であることに異論はございません。

Zepp Diver City TOKYOへGO!

こちらを・・・

開場時刻の16時の様子です。

ここからは撮影禁止でしたので、文字のみで伝えて行きます。

中にはLUNASEAからお祝いの花束も・・・

B’zファンが多すぎる

ラウドネス主宰イベントであるのですが、お台場周辺はB’zのHINOTORIのグッズのTシャツとタオル姿が目立ちました。

熱狂的なラウドネスのファンの方ももちろんいらっしゃいました。

B’zのLIVE-GYMではない為に、
B’z以外でノラないB’zファンはいませんようにとねがいました。

もしそれを知ってしまうとB’zのお二人も残念な気持ちになるのではと・・・

B’zのお二人が尊敬しているロックの重鎮のラウドネスです!

どんな音楽でどんなLIVEをしてくれるのか楽しみでたまりませんでした。

ステージには【玲】のアンプが・・・

ラウドネスのLIVEのゲストであるB’zの松本さんが使用するであろう、

B’z LIVE-GYM Pleasure2018-HINOTORI-でも使用されていたあのおなじみの【玲】の文字が存在感を示していました。

松本さんの出番と何をやってくれるのか、それよりもなにが起こるのか・・・

期待は膨らむばかりでした。

METAL WEEKEND LOUDNESS&FRIENDS開演!

17時ごろついに夢のLIVEが始まりました。

ステージには主宰者であるラウドネスのメンバーが!

ヴォーカル:二井原 実
ギター  :高崎晃
ベース  :山下 昌良
ドラム  :西田 竜一

登場してくれました。

音がB’zよりもデカい

友人に耳壊れる恐れありと注意喚起をされたので
耳栓を持参したのです。

そしてラウドネスの演奏が始まりました。

B’zのLIVEでも爆音で圧倒されていましたが、ラウドネスは耳栓してそのB’zの爆音と同じ良ように感じました。

それゆえに耳栓なしで参戦したらどうなっていたのか・・・と思うとゾッとしました。

それほど音の厚みが全く違ったのです。

初めてラウドネス観に来た人が大多数

二井原さんが・・・

この中で初めてラウドネス観に来たって人何人くらいいますか?

この問いに対し

会場の大多数が挙手をしました。

そこで二井原さん

ラウドネスではなく、そのフレンドを観に来たんやな?

少し苦笑いしながら語ってました。

それでも

最後まで楽しんでいってください!

人としてなにか学ばされた気がしました。

B’zの松本さんと稲葉さん目的の方が大多数であったとご理解いただけたかと・・・

ラウドネスの演奏と二井原実さんの歌唱力は衝撃すぎた!

B’zを中心に音楽を、ロックを聴いていた為にラウドネスのサウンドと演奏に衝撃を受けました。

B’zの松本さんが

ラウドネスは日本のバンドとは思えませんでした

それほどの衝撃的であったとコメントをしていたことも・・・

稲葉さんは

ラウドネスのおっかけをしていまして・・・

あのB’zの稲葉さんがおっかけをしていたとコメントも(笑)

このことに関しては東京有楽町で開催された

B’z 30th Year Exhibition SCENES 1988-2018へ行って来た㊶後期総集編-オーディオガイド-13いつもご覧いただきありがとうございます。 『B’z 30th Year Exhibition SCENES 1988-2018』 今...

B’z exhbition後期のオーディオガイドでも話題でした。

それほどB’zのお二人にとって偉大でリスペクトするロックの先輩ということが
皆さまにもご理解いただけたのではと・・・

ギターの高崎晃さんは松本さんと親交がありB’zファンでも知っている方だと思います。

その高崎さんのギタープレイを実際に生で観て、鬼気迫るものを感じました。

その気迫が音にもなって現れていました。

専門用語になりますが、

ライトハンド奏法というギター奏法テクニック

高崎さんはこの難易度の高い奏法を何度も何度も見せつけてくれました。

B’zとはまた違ったメロディですが、そのメロディは斬新であり心地も良く、松本さんと稲葉さんが夢中になった音なのかと思うと、僕自身も夢中にならずにはいられませんでした。

二井原実さんのヴォーカルは想像していた以上のパワフルさと、超高音で圧倒的でした。

パワフルで超高音の文字を見ると聞くに耐えないと思うかもですが、

全くそんなことを思うことは出来ませんでした。

稲葉さんが憧れるヴォーカリストを生で観て、聴いて大きな衝撃を受けました。

それゆえにリスペクトな視線でラウドネスのLIVEを楽しみました。

二井原さんの爆笑のMCから始まるサプライズ!

ラウドネスの楽曲を数曲演奏後・・・

これまで自身のキラーのエレキギターを使用されていた高崎さんが突然アコースティクギターにチェンジされました。

二井原さんもアコースティックギターを抱え第一声が・・・

二井原さん:だれが長渕やねん!

と突然何を言い出すのかと(笑)

そして

二井原さん:ネットで調べて観たら、(長渕さんが)一瞬自分かと思いまして・・・

お客さんは大爆笑していました。

そこからまさかの・・・

長渕剛さんの名曲である・・・

乾杯

を引き語りで歌い出した二井原さん。

このサプライズに観客は大興奮状態であったのは想像できるでしょう^ ^

こんなに気さくでフレンドリーな方々なのかと感心させられました。

さらに・・・

失敗もミスも生の醍醐味!の宣言

ドラムの西田さんとギターの高崎さんが演奏を一度止めたシーンがありました。

それを観て二井原さんは・・・

生演奏ですから、口パクでもないので・・・

この一言にLIVEは生き物であると確信が持てました。

ラウドネスでも起こりうることなのかとも・・・

それゆえに

行動しているからこその失敗なら経過になる。
その経過があってこその結果に繋がる。

▲主観ですが教訓のようにも感じました。

この世の中には人の成功を喜ぶよりも、人の失敗を喜んでそれをエサのように食らいつく猛獣のような方々が圧倒的多数いると感じているので・・・
特にネットやSNSでは!

ラウドネスのような世界的に有名な方々はバンドキャリアの中で技術演奏面以外でも色々な局面を迎えて今この2018年9月24日を迎えたのだと・・・

そしてその後第一弾のゲストが紹介されます。

そのゲストとは・・・

TAK MATSUMOTO-B’z-登場

B’zとしてではありません。

松本孝弘というB’zのギタリストがラウドネスのLIVEにゲスト出演するのです。

二井原さんより

TAK MATSUMOTO〜っ!

会場は大熱狂したことは想像しなくても分かるでしょう・・・

そして松本さんが登場すると地鳴りのような大歓声が起こります。

松本さんはMETAL WEEKENDのツアーTシャツと松本さんのトレードマークのサングラス姿でステージに姿を現しました。

その松本さんが抱えていたギターは・・・

キラーのエレキギター
KG-PRIME

ご自身の愛用ギターではなく
高崎さんモデルのギターを抱えて登場されました。

これこそラウドネスと高崎晃さんに対する敬意なのでしょう。

ご存知の方もいるかもですが・・・

B’z LIVE-GYM Pleasure2018-HINOTORI-

LOVE PHANTOM〜HINOTORI〜LOVE PHANTOM

この時に使用されたギターでございました!

松本さんはラウドネスのメンバーと握手をし、高崎さんとの抱擁(ハグ)のシーンは
世界を代表する二大巨頭ギタリストの人間味を感じることができました。

そこで演奏された楽曲はなんと・・・

B’z松本孝弘さんが弾く!ラウドネスのCrazyNight!

B’zの松本さんがB’z以外の楽曲を演奏してくれるたのです!

こんな貴重なことはありません!

しかも

松本さんが尊敬し敬愛するラウドネスの楽曲でした。

特に感動だったのが・・・

松本さんと高崎さんのギターの腕の見せ合い

1999年にNHKのTV番組で「松本孝弘 B’zへの挑戦」という番組がありました。

そのなかで松本さんと布袋寅泰さんがギタリストトークをしている時に、

どのギターや機材を使っても自分の音にしかならない

約20年前のことですが、当時はなんのことかわかりませんでした。

しかし・・・

高崎さんの超絶テクニックをこれでもかと見せつけられた後に、
高崎晃さんのモデルのギターでも音は松本孝弘の音を表現し会場を魅了しました。

松本さんは自身のギブソンのギターではない、高崎晃さんモデルのキラーのギターでも松本孝弘の音をラウドネスのLIVEでも存在感を示していました。

松本さんが高崎さんのプレイをみて微笑んでいる一面はとても新鮮でした。

ギターという楽器を奏でる人とそのプレイスタイルで音がこうも変わるのかと改めて衝撃を受けました。

高崎さんも松本さんも唯一無二の音なのだと・・・

そのサウンドで歌う二井原さんはとても楽しそうでした。

盛り上がりまくりのこの楽曲が終わり松本さんは高崎さんと抱き合って会場に深々と挨拶をしてステージを後にしました。

その後、二井原さんより・・・

どんだけ引き出しだしよんねん!引き出しまくっていたぞ!鳥肌やわ!

と会場を笑いに包み込みました。

その後、数曲ラウドネス楽曲の演奏後に
第二弾のゲスト紹介が・・・

影山ヒロノブさん、井上俊次さん登場!

影山ヒロノブと聞いて誰???

という方もいるかもです。

だがしかし

影山さんの歌声を聴いたことがないとは誰も言えないかもしれません。

それは

影山ヒロノブ=ドラゴンボールZ

そうなのです!

世界でも人気アニメでテレビで放映された「ドラゴンボールZ」の主題歌を
影山さんが歌っているのです。

CHA-LA HEAD-CHA-LA

誰もが聴いていないとは言えないのです。

それゆえ会場にいる誰もが知っていたのか、
影山さん登場と同時に会場は大歓声に包まれました。

二井原さんと影山さんは漫才のようなやりとりをして会場を湧かせていました。

さらにキーボードの井上俊次さんも登場します。

その後、二井原さんからバトンタッチされて
影山さんがヴォーカルを一任されました。

その後・・・

高崎さんのMCで分かったLAZYとラウドネス

高崎さんが・・・

この3人は家近いんですよね・・・^ ^
二駅くらいで・・・

その3人とは

高崎晃さん、影山ヒロノブさん、山下昌良さん

そして影山さんが・・・

まぁくんと僕は子供会一緒やったんです(笑)

子供会(笑)

何十年ぶりに聴いた言葉でした。

ネットで調べると、大阪東住吉区出身で幼馴染(おさななじみ)であると・・・

学生時代から50歳超えてもお付き合いができる人たちなのかと・・・

音楽の演奏や技術がすごい方々だけではない、一流のミュージシャンであるにも関わらず、人としても魅了的に感じました。

和むMCの後ついに伝説のヴォーカリストの歌声が・・・

影山さんの歌唱力とステージングが凄すぎた!

マイクスタンドを持って時折、
一回転ターンを華麗に決める影山さん。

B’zの稲葉さんのかっこよさとはまた違うかっこよさで衝撃を受けました。

歌声はまさにあのドラゴンボールZのオープニング主題歌を
歌っている人の声
でした。

B’zの稲葉さんも影山さんの影響を受けていたのかもと思ったシーンがあり、

マイクスタンドを持って胸をそらし歌う姿が、
影山さんと稲葉さんのマイクスタンドでの歌唱スタイルが重なったのです。

現在のB’z稲葉浩志を形成していた一つが
LAZYの影山ヒロノブというヴォーカリストでもあったのかと・・・

かっこいいステージングと圧倒的な歌声!

数曲演奏後・・・

第三弾のゲストの

ANTHEM:柴田直人さん

が登場します。

そして影山さんが最後に歌った曲がなんと・・・

Deep PurpleのBURNを歌う影山さんと
演奏するLAZYとラウドネス!

高崎さんがなんとあの伝説的なフレーズを弾き出すと会場はこれまでの盛り上がりとは違った反応と大歓声で包まれました。

井上さんのキーボードもあのディープパープルのあのサウンドを忠実に再現していて絶叫せずにはいられませんでした。

その演奏をバックに影山さんは激しくも楽しくも歌いシャウトし、
コピーではない完全にオリジナルかと思わせるほどの伝説の名曲をカバーし歌いこなしていました。

ギターソロもあのラウドネスの高崎晃が弾くディープパープルのBURNに、ラウドネスファン、B’zファン関係なく、音楽、ロックが好きな誰もが興奮と熱狂し感動したのではないでしょうか?

この時の高崎さんは少年のような笑顔に見えました。

幾つ歳を重ねても軸がブレないのは
B’zの松本さんにも引き継がれているのかもと・・・

まさにサプライズにふさわしい演奏でした。

そしてこの感動的な演奏が終わりラウドネスの二井原さんにバトンタッチしベースは柴田さんでそのままラウドネスの曲が演奏されました。

なにからなにまでがすごすぎてやばかったです。

と漢字で書けないほどヤバかったのです!

そして最後のゲストについて二井原さんが・・・

とってもキュートなヴォーカリストを紹介します!

KOSHI INABA〜っ!

ついにこの時がやってきたのです!

どれだけ盛り上がったかは言わなくてもわかるとおもいます(笑)

そしてB’zのヴォーカリスト稲葉浩志としての
ラウドネスのLIVEにゲスト出演を果たします。

KOSHI INABA-B’z-登場

二井原さんの紹介でステージにB’zの稲葉さんが登場します。

稲葉さんのお人柄なのか、
かなり遠慮がちな姿勢で謙虚である人は本当なのだと再確認できました。

稲葉さんは二井原さんと抱擁(ハグ)し、二井原さんが稲葉さんにしがみついてなかなか離れないので、稲葉さんが嬉しいながらも自身でその局面を脱しました(笑)

二井原さんがB’zの稲葉さんのファンかと思うほどに(笑)

会場は大爆笑でした\(^o^)/

稲葉さんは高崎さんとも抱擁(ハグ)を交わし、その時の稲葉さんはB’zの時に見せたことのない表情を浮かべていました。

そして演奏された曲はラウドネスの代表曲です!

それは・・・

B’z稲葉浩志が歌う
ラウドネスのCrazy Docterがかっこよすぎた!

待ちに待った稲葉さんの登場で沸きに湧いた会場は、
演奏が始まるとさらに大興奮状態でした。

曲の一番は二井原さんが歌い、
その間に稲葉さんは・・・・

B’zの曲とは全く違うラウドネスの楽曲に稲葉さんはこれまで見せたことのないようなアクションやジェスチャーで、稲葉さん自身がおっかけまでしていた伝説のバンドのラウドネスのLIVEステージに立てていることに喜びを全身全霊で表していたのです。

その時の稲葉さんは完全にB’zの稲葉浩志ではなく、
ロックが大好きな稲葉少年の表情でした。

そして二番になり・・・

B’z稲葉浩志が歌うラウドネスのCrazy Docter

B’zの稲葉浩志さんがB’z以外の歌をステージで歌っているのです。

こんな貴重なことは滅多にありません。

いや・・・

もう最初で最後かもしれません!

心配された稲葉さんの喉や声の状態ですが、
ラウドネスのCrazy Docterを本来の稲葉さんの歌声でお台場で大熱唱してくれました。

キーもあの原曲のまま歌いきってくれたのです!

二井原さんと一緒に歌うシーンは、
憧れの人と憧れられていた人の夢の共演でした。

あの感動のHONOTORI公演から二日目の超がつくほどの強行スケジュールでしたが、
そんなことは微塵も感じさせない圧倒的なステージでした。

とくに驚いたのが・・・

高崎さんのギターにあわせてエアギターでヘッドバンキングする稲葉さん

こんなにうれしそうで楽しそうな稲葉さんはB’z以外で初めて見たかも・・・

ラウドネスの曲を稲葉浩志のそのものの歌声で大熱唱してくれました。

ヴォーカリストの声を真似ることはできても、生まれ持ったそのもの本来にはどこの誰も近づけても同じになることは不可能です。

99%完コピできても、
のこりの1%は本人か他人かの違いでしょう・・・

それゆえに生まれ持った声を大事にしようと思い知らされました。

二井原さんの歌声、影山さんの歌声、稲葉さんの歌声

二井原さんの声に憧れる稲葉さんも
二井原さんの声になることはできないのです。

それゆえ歌声は生まれ持った唯一無二のモノなのだと・・・

そして感動の夢の共演が終わり、二井原さんが

稲葉くん!写真撮ろう!

このリクエストに稲葉さんは喜んで快諾されました。

芸能界や音楽業界わかりませんが、
事務所の問題、権利問題とか最終的には金銭の話に繋がるのですが、
このお二人にはそんなものは皆無でした。

お金では買えないモノはこういう瞬間や人との繋がりであると教えられました。

会場のお客さんも全員参加しての撮影でした!

その後に稲葉さんから・・・

ラウドネスとLAZYを聴いて育ちました!サイコーです!

いつものB’z稲葉浩志ではなくロック好きの稲葉少年でした。

二井原さんは

稲葉くん!写真送るから番号教えて!

稲葉さんはステージから去り際に

番号、後で・・・

このLIVEがきっかけに稲葉さんと二井原さんとの繋がりが深くなると思うと嬉しくなりました。

それよりも稲葉さんご自身が一番嬉しかったのではないでしょうか。

そして・・・

稲葉さんはB’zのステージと同様に深々とお辞儀をしステージを後にしました。

その後、ラウドネスの楽曲を現在のラウドネスのメンバーで演奏して本編が終了します。

そしてステージでは、ドラムセットの総取替えが始まりました。

そうです!

今回のLIVEの趣旨はこの瞬間のためにあったのです。

アンコールが始まりました。

ラウドネスのドラマーのあんぱん(鈴木政行)さん!
脳梗塞から復活のLIVE!

ステージに一人の男性が姿を現します。

その方が・・・

ラウドネスのドラマーあんぱん(鈴木政行)さん

ステージセンターで深々とお辞儀をし、ドラムセットに向かう時です。

あんぱんさんは足を引きずりながら一歩一歩とドラム台に向かいました。

この姿を見ただけで涙が溢れてきました。

あんぱんさんドラム台にたどり着き、ステージのバックに書かれている

LOUDNESS

この文字にも深々とご挨拶をされました。

このシーンでも涙です。

僕はこのイベントまでラウドネスのあんぱんさんのことは何も知りませんでした。

それでも一人の人間の懸命に生きるその姿を見て感動してしまいました。

そしてラウドネスのメンバーが揃い演奏がスタートしました。

会場はラウドネスとかB’zとか関係ないロックな空気で満たされていました。

いろんな感情が重なり合い一体感となった奇跡の時間でした。

演奏が終わり・・・

あんぱんさん以外のラウドネスのメンバーはステージを後にします。

そしてステージ中央にあんぱんさんが向かいます。

そして・・・

あんぱんさんから感謝のメッセージ

あんぱんさんから会場の皆さんにご挨拶がありました。

あんぱんさんは

皆さんありがとうございます。
脳梗塞が治りました!

今も後遺症と戦っています。

ラウドネスの愛情を感じました。
ラウドネスが大好きです。

文字ではこのような並びになりますが、
実際にあんぱんさんが話された時は、脳梗塞の後遺症なのか、一語一語をかみしめて伝えるそのシーンが感動的で胸が熱くなり涙があふれました。

この日のこの瞬間のためにあんぱんさんは、あんぱんさんにしかできない思いと感情と一緒にドラムを叩き、体を動かしたりするために懸命にリハビリに励んでいたのかと感じさせられました。

どんな苦境に立たされても生き抜いてやると前に向かう生き様を見せつけられました。

そしてスピーチが終わると・・・

ステージにいない二井原さんの声で・・・

ハッピバ〜スデ〜トゥ〜ユ〜♪

二井原さんは皆さんもご一緒に!で大合唱でした。

サプライズであんぱんさんのお顔の描かれた巨大なケーキが!

ラウドネスのメンバーも全員ステージに登場しました!
ラウドネス以外のゲストは誰一人もステージにはいませんでした。

そして、ラウドネスのメンバーが最後のあいさつをして夢の共演のロックなLIVEは幕を閉じました。

ラウドネスのメンバーは最前列のファンとタッチをしたり、高崎さんや山下さんはピックを何枚も投げて、二井原さんも高崎さんのピックを投げたりも・・・

ラウドネスのメンバーは演奏技術だけでなく、ファンを大切にするその人柄も素晴らしいと改めて感心しました。

そしてこの日のために、B’zの松本さんも稲葉さんも過密スケジュールを承知で参加したのではと・・・

そして撮影タイムということで撮影が許可されて撮影しまくりでした。

僕はカメラ持っていなかったので、同行した素敵なお姉さんに撮影をしてもらいました。

こちらを・・・

▲こちらがそのステージです。

ケーキは・・・

▲うまく撮れなかったのですがこのような感じでした。

セットリスト

  1. Soul on Fire
  2. I’m Still Alive
  3. Go for Broke
  4. 乾杯[長渕剛カバー] ※1コーラス
  5. Until I See the Light
  6. Rise to Glory
  7. Massive Tornado
  8. Rain
  9. CRAZY NIGHT ※松本孝弘参加
  10. Let It Go
  11. This Lonely Heart
  12. DREAMER ※BURNまでボーカルが影山ヒロノブに交代。井上俊次が参加。
  13. EARTH ARK(宇宙船地球号)
  14. BURN[Deep Purpleカバー]
  15. Ghetto Machine ※Black Widowまでベースが柴田直人に交代。
  16. Black Widow
  17. CRAZY DOCTOR ※稲葉浩志参加
  18. IN THE MIRROR
  19. S.D.I.
    アンコール
  20. LOUDNESS ※ドラムが鈴木政行に交代

出典:easygoz.net

まとめ

いかがでしたでしょうか???

B’zではない松本さん、稲葉さんの楽しそうな姿だけではなく、ラウドネスの生演奏を観れて超豪華なゲストの方々の演奏も歌声も聴けて、さらにあんぱんさんの命がけで叩いたドラムプレイと最後のスピーチに生き様を見せていただきました。

B’zの音楽と出会っていなければ今この瞬間はまずありえませんでした。

それと同時に、松本さんと稲葉さんが愛してやまないラウドネスが結成されていなければ、B’zの存在も無かったのではと・・・

そう思うとラウドネスの皆さんに感謝しかありません。

ラウドネス結成前のLAZYがなければラウドネスも存在していないので、
LAZYの皆さんにも感謝しています。

もし今回のLIVEを観た方も、観られなかった方も
以前の二井原さんと稲葉さんの対談を振り返ってみてはいかがでしょう。

B’z稲葉浩志が稲葉少年になってしまうことに納得されると思います。

 

矢沢永吉さんではないですが

ロックンロールに感謝しよ〜ぜ♪

これに尽きますね\(^o^)/

rock3150.comと名付けた僕のこのサイト
ロックが好きであるゆえです。

この素晴らしい時を過ごすきっかけをくれた友人とご一緒に同行してくれた素敵なお姉さん感謝しています。

B’zの松本さん、稲葉さん、ラウドネスのメンバーさん、LAZYのメンバーさん、この日のために闘病生活から復活したあんぱんさん。

この日の為に多大なご尽力いただいた全ての皆様、

本当にありがとうございました。

この記事を最後まで読む為に貴重な時間を割いてまで読んでいただきありがとうございました。

2018年9月24日日付で残したかったので、先行投稿しました。
完成までお待ちいただきた皆様感謝しています。

B’z WOWOW HINOTORI放送決定!

さらに!!!

B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- WOWOW独占放送決定!!

デビュー30周年イヤーを締め括り、31年目の幕開けを飾ったツアーファイナル・味の素スタジアム公演を、11月24日(土)WOWOWにて独占放送!乞うご期待!!

9・10月にはB’zの30年間を網羅したスペシャル番組5本を再び放送!こちらもどうぞお見逃しなく。

■9月25日(火)21:00~
「B’z 30th Year Special Vol.1 1988-2002」
■9月25日(火)22:00~
「B’z 30th Year Special Vol.2 2003-2018」
■10月9日(火)21:00~
「B’z 30th Year Special Vol.3 1988-2018」
■10月16日(火)21:00~
「B’z Music Video Collection」
■10月23日(火)21:00~
アンコール放送!B’z 25th Anniversary Special 全米ツアー密着ドキュメント『Only Two』」
★11月24日(土)
B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- 独占放送

出典:B’z公式

▲この味スタ公演が早くも解禁!楽しみですよね!

詳細は下記にございます!

WOWOWから目が離せないとはこのことでしょう!

超一流ミュージシャンに絶大指示!クロムハーツ【楽天】

B’zの人気の記事

感動のHINOTORI!記念日と最終日のレポート

【B’z30周年記念日LIVE参戦レポ!】味の素スタジアム行ってきた。祝福の雨と寒さと感動と興奮と大熱狂でヤバかった!いつもご覧いただきありがとうございます。 今回はB’zの記事を書いていきます。 ついにこの日がやってきましたね! 2018年9月2...
B’z LIVEin味の素スタジアム最終公演FINAL参戦レポ!涙と感動!B’zの生き様はまさにHINOTORI!B’z LIVEin味の素スタジアムの千秋楽に行ってきました!B’zの生き様はまさにHINOTORIそのものでした。その気になる内容とは・・・?...

HONOTORIツアーの軌跡

【涙と感動!】B’z 福岡、愛知豊田、大阪長居LIVEを完走!HINOTORIは30周年記念日と千秋楽の味の素スタジアムへ!B’zが福岡、愛知豊田、大阪長居LIVEを完走しました!HINOTORIは30周年記念日と千秋楽の味の素スタジアムへ舞い降ります!その気になる内容は・・・?...
B’z 稲葉浩志さん、福岡公演で喉の不調でLIVE中断から復活劇にファンが感動と大声援。Pleasure2018-HINOTORI-はB’zの生き様そのもの!いつもご覧いただきありがとうございます。 今回は安室奈美恵さんではなくB’zの記事を久々に書いていきます。 2018年の9月はB’z...
【セトリ演出ネタバレなし!】B’z LIVE-GYM Pleasure2018-HINOTORI-日産スタジアム行ってきたいつもご覧いただきありがとうございます。 前回はB’z LIVE-GYM会場の日産スタジアムとB’zについて https://roc...
スポンサーリンク