surf-海-

予期せぬ江ノ電からの眺め-2012年、夏。江の島編①-

スポンサーリンク

前回のサーフィンのお話の続編

2002年以来にサーフィンを再開できるようになったことについてお話しします。
僕は2006年に上京しなぜなのか埼玉県越谷市で住む事になります。
そこで約五年ほど過ごし、2011年の

スポンサーリンク
2/25に東京へ引っ越しし念願の東京都民になりました。
2002年からの長期間にいったい何が起きてどんなことがあったかはまたの機会にお話ししますが、
上記の間はサーフィンとは全く無縁の日々を送っていました。

2012年の夏

2002年からいきなり2012年への話になりますが、
たまたま友人と当日遊ぶ約束をしていたのですが、いくら待てど彼からの連絡はありません。
これはもうドタキャンされたと思い込み、ふと思い浮かんだことがありました。

”江ノ電乗りたい”と(笑)

何を考えたのかよく分からないのですが江ノ電に乗りたかったのと、
江ノ島へ行ってみたいなとふと思ったのです。
予期せぬ予定変更でしたが夕方からでも最高な1日の始まりでした。

でも江ノ島へどう行っていいのかよく分からなく、当時のiPhone4で乗り換え検索で検索すると
新宿駅から湘南新宿ライン逗子行きに乗り鎌倉駅で下車して、
そこから江ノ電に乗って江ノ島駅で下車と表示されているのでそれに従い江ノ島を目指しました。

江ノ電

新宿から約一時間で鎌倉に到着し江ノ電へ乗り換えです。
ここがあのサザンの曲の中に出てくる鎌倉かと思いにふけながら江ノ電に乗りました。

江ノ電は鎌倉から藤沢間を約35分で行けみたいで、地元の方も観光客からの利用もあり
学生の方の夏休みと被ったのかかなりの混雑でした。

海が見える

江ノ電が動き出して数分後の稲村ガ崎駅から七里ガ浜に向かおうとする時です。
江ノ電に乗りながら想像のしていなかった景色が僕を出迎えてくれました。

それはです。母なるです。

い海に夕暮れ時のsunsetがとてもキレイで、今でもこの時の光景をはっきりと覚えています。

サーフィンできるの????

その景色にうっとりしながら稲村ガ崎を超えて次の停車駅の
七里ガ浜駅から鎌倉高校前駅へ江ノ電は動き出します。
ひたすら続く海沿いを走るより江ノ電から衝撃の光景が見えたのです。

サーフィンやってるやん!!!!!o(^o^)o

予期せぬ1日の中のさらに予期せぬ光景に僕は驚きと興奮が止まりませんでした。
家から一時間くらいで海に着いてサーフィンできるのが衝撃でした。

この日がなければ今の自分サーフィンをしていなかったかもと思うと、
ドタキャンしてくれた友人にも感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、江ノ電は今の僕がある一つの原点なのです。

続く

スポンサーリンク
スポンサーリンク