江の島のてっぺんへ-2012年、夏。江の島編 最終話-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前回の続きです。エスカーに乗って頂上

スポンサーリンク
に着きました。

江の島頂上

その日の江の島頂上は真夏にも関わらず風が強く吹いていて、少し肌寒く感じました。
僕は夏になると空調が強敵で(笑)
長袖のチェックシャツを腰に巻いていつでも着れるように防寒対策をしています。
少しひんやりする夕方ごろには何か羽織れるものがあるとこのように真夏なのにひんやりするときに
重宝しますので、これから江の島へ行かれる方は是非ともご参考にしていただければ幸いです。

ネコちゃんがいっぱい

頂上付近から少し歩くと催し場とされているとこになんとネコちゃんがいました。
しかも何匹もおります。

人間に慣れているのか、すぐに近寄ってきます。

近寄ってくるネコちゃんもいれば、そこらで横になってゴロンとしている子もいれば、
撮影に応えるネコなどいてて、しかもカメラを向けられても断らないサービス精神には脱帽です。

ねこちゃん所属の事務所の許可があるのかないのかよくわかりませんが、
ネコちゃんたちはノーギャラにも関わらず
こちらからリクエストしなくてもあらゆるポーズを決めてくれています。

日本の芸能界もこのネコちゃんのサービス精神を見習ってほしいものです。
僕も何枚か撮らせていただいたので、お礼にネコちゃんたち手持ちのおせんべいをプレゼントしました。

※このときの2012年はネコちゃんがあちこちで居たのですが、
昨今ではネコちゃんを見かけることそのものが珍しいそうです。

サムエルコッキング苑

江の島頂上には自然あふれるすてきな庭園もあります。

それをサムエルコッキング苑と呼ばれ、
その名の由来については明治時代の英国人貿易商である「サムエル・コッキング」に由来し、
そこは和洋折衷ではあるものの木々や草花に包まれた
まるで南国に来たかのようなムード溢れる植物園でした。

※ただし入場料が発生しますが、入場料払う以上の価値がありました。

LONCAFE

サムエルコッキング苑の中には、最高の景色を眺めながらTEAタイムができる場所もあります。

なんとそこは日本初のフレンチトースト専門店である「LONCAFE」

2003年に江の島頂上にOpenし、
種類豊富な美味なフレンチトーストと湘南の海岸を一望するサイコーのロケーションでの
ひと時を求めて、連日多くのお客様で賑わう人気スポットです。

僕のように一人で行ってもこのロケーションがあれば寂しくもないかもしれません。

シーキャンドルからの絶景

江の島といえばあの展望灯台を忘れてはいけません。
湘南のシンボルとしておなじみで親しまれる「江の島シーキャンドル」です。

このてっぺんまで登って見る景色はどんな景色なのかとワクワクしながらエレベーターに乗ります。
そのエレベーターが絶景のポイントへと導いてくれます。

到着しますと展望スペースに降り立ちます。
目の前に飛び込んでくるのが湘南が一望できるオーシャンビュー

さらに屋外へ出れるようで、屋外に出るとそれよりもすごい光景が…
先ほどは室内展望スペースでガラス張りのため、いろんなものに反射したりもあり景色が少し
見にくいところもあったのですが、屋外ではその心配は皆無です。

スポンサーリンク

遮るものが何もなく360度が海に囲まれていて、夕方のsunsetタイムということで
真っ赤な太陽が海に溶けるようなその景色にはスペシャルゲストが登場です。

それはなんと富士山です。

夏に富士山が見えるのはとても珍しいとのことで、
真っ暗になるまでいや真っ暗になってもこの場所から離れたくなかったのを今でも覚えています。

最後に

いかがでしたでしょうか?!

お粗末な筆不精ではありますがお読みいただき感謝しております。

この日は江の島へくる予定ではなかったですが、
予期せぬことで素晴らしい1日になりました。

みなさまがこの江の島の記事を見て湘南、江の島へ行きたいと
一人でも多くの方に思っていただければこれ以上のことはありません

続く


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。