journey-旅-

急遽決定した九州への出張

スポンサーリンク

いつもご覧いただきありがとうございます。

journeyとして2017年3月と4月末まで過ごした九州でのお話をさせていただきます。
大げさに聞こえるでしょうが

スポンサーリンク
この二ヶ月は僕の人生の中で一番サイコーでした。

あまりにも色んな事が有り過ぎて何をどのように伝えていいかを悩んで悩んで悩み抜いた結果、
僕が九州で過ごした日々や、その期間にどのような出来事があったかを僕が感じたままの事を
僕なりの言葉でお話させていただければ幸いです。

偶然なのか突然なのか必然なのか

時は2016年12月末の事です。
仕事も激務を極めており、師走という事で顧客対応の電話が鳴り止まないそんな時期のある日に、
僕が所属する部署の上長からお声がかかります。

「北九州へ行ってくれませんか?」と…

あまりにも突然であったため、ただただ驚き戸惑いました。

そこで僕は思った事をこのように伝えました。
「なぜ僕が北九州へ行くお話が出てきたのしょうか」と。

僕は幼少期より誰かに「ちょっと話あるから来てっ!!!」という言葉でいい事あった記憶がない為に
強烈に悪意のある言葉の意味に捉えてしまうのです。
何かワルい事でもしたのかなと思い…

その時に上長から次の一言が、「2016年12月現在、北九州の拠点が人材不足である為に
期間限定でうちの部署から勤怠がよく、仕事の生産性の高い人材を先方が求めている」と…

ということは、ええ意味に捉えていいのかもと\(^o^)/
悪意あると思っていた僕の心が悪意に満ちいたなと(笑)

即答は出来ない為、少し考える時間をくださいと答えました。

上長は「わかった!最終的に明後日には返事が欲しい」との事で、
僕はその回答期限である明後日までに心の整理をつける準備に入りました。

北九州についてのイメージ

回答期限がある為、何も知らないよりも何か知っていなくても知ったようなふりするだけでもいいかと
思い北九州についてネットを駆使して調べに調べました。

そして調べれば調べるほど背筋がゾッとするような記事ばかりが羅列されていました。

えっ?!ここ日本ですよね!?と疑うような文字ばかりで、

手榴弾に注意、流れ弾に注意、銃声は日常茶飯事、夜道は危険など…
オレはいったい何しに行くねんと(笑)

極め付けに「修羅の国」とまで言われているとも…

北九州ってなんやねんっ\(^o^)/

こんなんばかりの記事をみてると恐怖しかないですけど、
ネットの記事も本当なのか虚偽なのかは定かではないので
実際そこに行ってみてそれを僕が判断すればいいやと思いそんな悪しき雑念は吹っ飛びました。

そして明後日となるその日に上長に「北九州へ行きますと」告げ、
僕の北九州への出張が決定しました。

続く

夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?



スポンサーリンク
スポンサーリンク