未分類

お母さんにありがとうと感謝を伝える特別な日とは?母の日だけではないよ。

スポンサーリンク

いつもご覧いただきありがとうございます。

B’zの記事ではありません。

突然ですが、ご自身のお母さんに「ありがとう」「感謝」をされていますか?

愚問ですね(笑)

問うまでもなくご覧の皆様はお母様に対して常日頃に感謝の気持ちを忘れずに
日々を送られているのではないでしょうか。

そこでこの記事では、僕自身の実体験をもとにお話をさせて頂ければ幸いです。

お母さんにありがとうと感謝の気持ちを伝えるのならこの日が良いなと
感じたことを書かせていただければ幸いです。

母の日だけが特別ではないとうことを伝えさせていただければ幸いです。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

母親にありがとうと
感謝の気持ちを伝えるのにこの日が良い
おすすめの日。

お母さんに対しありがとうと感謝を伝えると
いつでも喜んでもらえることでしょう。

その中でもいつなら特に良いのかをご紹介します。

まずは…

お正月

なぜ正月なのか(笑)

理由はシンプルです。

「一年の初まり」

一年の始まりを今年もよろしくという気持ちを伝えるのも素敵です。

今年もよろしくを

「これからもよろしく」

こう言い換えるのもおすすめします。

今年だけではなく、これからも元気でいてねという気持ちも伝わるはずです。

では他の日は…

季節の変わり目

季節の変わり目は体調を崩しやすい季節です。

・寒さから温かく→春
・暑くてたまらない→夏
・暑さやわらぐ→秋
・寒くなる季節→冬

春夏秋冬ということは計4回。

上記について気にかけてあげるだけでも

「ありがとう」と「感謝」の気持ちが伝わることでしょう。

まずは気持ちが一番大事です。

その気持ちが言葉として現れるのならこれほど嬉しいことはないのではないでしょうか?

春なら桜、夏なら海、秋なら紅葉、冬なら寒い(笑)

そんな日常ありふれたことでもいいので会話にもなります。

お母さんの誕生日

お母さんの誕生日です。

ありきたりかもしれませんが、お母さんがこの世にいなければ皆さんもそうですが、
僕自身もこの世に生まれてくることはなかったかもしれないのです。

そう考えるとお母さんの誕生日にありがとうと感謝をするのは必然だと感じました。

ありがとうと感謝と同時に

「産んでくれてありがとう」

と一言添えてあげるとより一層気持ちは伝わることでしょう。

僕自身は現在は東京に住んでいるために母親とは離れ離れです。

それゆえに毎年必ず電話で感謝の気持ちを伝えています。

僕自身が関西人のために

「おかんいつもありがとう」

必ず決まり文句のように言っています。

もう一つ付け加えるのなら

「生まれてきてくれてありがとう」

この一言の言葉の意味合いには
お母さんが生まれてこなければ自身の現在はなかったかもしれません。

かもしれません。よりもこの世に生誕していなかったかもしれません。

一言ですがお母さんは喜んでくれるに違いありません。

言葉ひとつで良いことに繋がるならサイコーですよね^ ^

そのほかの日は…

お母さんの誕生日の前日

誕生日おめでとうを誕生日の前日に?なぜか気になりますよね?

なぜ前日にしたのかをいいますと

誕生日に誕生日おめでとうというのは
ありきたりすぎてサプライズ感も特別感も薄れてくるかなと感じました。

ただ誤解して欲しくないのは、
決して誕生日に誕生日おめでとうということを批判と否定をしているのではありません。

なぜ前日にしたのかは

「明日誕生日やろ?」

本当は明日の誕生日は分かっています。

それでも何か特別感を出すために、

「明日、誕生日おめでとうと言えないから1日前になった」

誕生日当日でなくても、誕生日である日を覚えていてくれたんだ!
お母さんがそのように感じてくれると最高です。

そして、お母さんの誕生日の1日前はこの世に誕生する前日です。

この日がありからこそ今日のお母さんの存在があるのだと…

そして僕自身の存在もあるのだと…

お母さんのお母さんであるおばあちゃんにも感謝です。

自身の誕生日

僕もそうですが、この記事をご覧の皆様ご自身の誕生日です。

この自身の誕生日にお母さんに
「ありがとう」「感謝」を伝えることも非常に重要です。

普通は誕生日にはご自身の誕生日ということで自分にご褒美か周りからおめでとうと祝福されてプレゼントをもらったりで、人生の中でも自身が主役の1日になることでしょう。

では

誕生日=生まれた日

ということは
この日はお母さんが皆様をこの世に誕生させてくれた特別な日でもあるのです。

すなわち

誕生日はお母さんにありがとうと感謝の気持ちを伝えるのに最適なのです。

いうことはただ一つ

「産んでくれてありがとう」

この日に産んでくれたことで今日の僕もいます。

皆様もお母さんの産んでもらえたおかげで今日を迎えることができているのです。

照れクサいですが

「お母さんの子供でよかった」

この一言があるとお母さんの心にもさらに響くでしょう。

では他の日は…

自身の誕生日の前日

それではなぜ自身の誕生日の前日かを述べていきます。

産まれてきたと何度か述べていますが、産まれてくるとういことは
産んでくれるお母さんがいてくれるからこそです。

僕は男なので出産の苦しみと痛みについて語る資格は一切ありません。

その資格はなくてもほんの少しだけであったとしとも
その気持ちを理解する事が大事だなと感じました。

たとえ理解できなくてもほんの少しでも何とかしてでも
理解しようとするその気持ちが一番大事ではないかと…

そこで

2017年にあった僕自身の実話になります。

記事内でも述べている通り、僕はお母さんに対して電話してありがとうと感謝の気持ちを
伝えていますが、その日はお母さんの誕生日か、僕の誕生日か、正月か…

ただ母の日には連絡はしない(笑)

その理由は

母の日だけ特別な日ではないと信じたいからです。

ではなぜ誕生日の前日かを述べます。

僕が産まれたのは誕生日です。

その誕生日に僕はうまれて、
お母さんは最大限のエネルギーを使い果たしたんんだと…

そう思うと、

僕の誕生日の前日が
お母さんにとって一番しんどく辛く苦しい日であったのではと…

そこで僕は自身の誕生日の前日にお母さんに電話をかけました。

僕は普段は一切電話も連絡しないので
お母さんは突然どうしたんだと驚いていました。

そこで僕は

「今日のこの日はおかんが一番苦しくてしんどくて辛かった日やろ?」

と伝えました。

すぐに伝わらなかったので要約して

「俺が生まれる1日前はおかんが一番しんどくて辛かった日やったやろ?」

「そのしんどくて辛かった日を乗り越えてくれて翌日の誕生日があったんやで」

と伝えました。

お母さんは僕が伝えたことを少しずつ理解してくれて、
僕が産まれてくる前日の日は一番しんどかったと話してくれました。

そのしんどく辛く苦しい日を労って
この日にありがとうと感謝を伝えたかったとも伝えました。

僕としては当然なことをしたまでですが
お母さんはとても喜んでくれました。

お金で絶対買えないサプライズなプレゼントになったかな^ ^

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お母さんにありがとうと感謝の気持ちを伝える。

皆様には伝わりましたでしょうか?

あくまでも僕の実話を元にした事例ではありますが
ほんの少しでも伝われば幸いです。

心で伝えるプレゼントではと…

ご覧いただきありがとうございました。

>>お母さんが喜ぶプレゼントを調べる

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です