未分類

長友佑都さんが肺気胸を発症!気胸の症状とは?

スポンサーリンク

いつもご覧いただきありがとうございます。

B’zの記事ではありません。

タイトルにあるように

肺気胸についてを述べさせていただきます。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

肺気胸とは?

肺気胸とは…

気胸(ききょう)とはから空気がもれて、胸腔(きょうくう)にたまっている状態をいいます。 空気が漏れてたまっても、胸は肋骨があるために風船のように外側に膨らむことはできません。 その代わり、が空気に押されて小さくなります。 つまり、から空気がもれて、が小さくなった状況が気胸なのです。

出典:東京慈恵会医科大学附属柏病院公式

ご覧の通りでございます。

気になるのが

肺から空気が漏れて肺が小さくなった状態

肺から空気が漏れるということは

肺に穴が空いて肺がしぼんだ状態と考えられます。

最近では

ガラタサライは25日、前日24日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)で負傷交代した日本代表DF長友佑都が、肺気胸と診断されたことを発表した。全治については明かされていない。

 長友はホームで開催されたグループリーグ第3節のシャルケ戦(0-0)で先発出場。しかし、後半35分にMFダニエル・カリジウリのクロスをブロックした直後、胸を押さえて仰向けに倒れ込み、呼吸が苦しそうな様子を見せた。チームはすぐに長友を下げ、DFオメル・バイラムを投入。長友はその後、検査を受けるために病院へ向かったと伝えられていた。

 クラブ公式サイトによると、長友の診断結果は肺気胸。全治などの詳細は不明となっており、入院して治療する必要があるかどうかは今後明らかになるという。

出典:ゲキサカ公式

サッカー日本代表の長友佑都選手が

肺に穴が空いた。気胸。

このニュースで知った人もいるのではないでしょうか?

余談ですが肺気胸は

長友選手以外の芸能人、、有名人、著名人の方々も
気胸を経験されているかたもいらっしゃいます。

その後の長友選手は

肺の手術をされたのです。

手術も無事に終わりトルコの自宅に帰宅。

奥様の平愛梨さんも心配されていたことでしょう。

しばらくはゆっくりしてピッチに復帰することを願います。

今回のことが必ず人生で活かされたと思える日々でありますように。

ではその長友選手を襲った肺気胸について追求していきます。

肺に穴が空くとどうなの?症状は?

こちらの動画で

肺気胸についてをご覧いただければ…

肺に穴があくと

胸の痛みと息苦しさを感じるのが特徴です。左右どちらかの胸に痛みが偏ったり、肩の周辺に痛みを感じたりすることも多いとされています。

 若い人は、病気にかかったことがなければ、症状が出ても病気を疑うのは難しいかもしれません。ただ、症状が消えなければ、病院や診療所でレントゲン検査を受け、気胸かどうかを調べることが重要です。肺のしぼみ具合に応じて軽度、中等度、高度と病状の程度が分かれます。

出典:yomiDr.

ご覧の通りです。

要点は

胸の痛みと息苦しさを感じる

肩の周辺に痛みを感じることもある

では

日常生活していて
ご自身の身体の内面について熟知している方るでしょうか?

私は肺に穴があきそうな気がしますとか…
明日肺に穴が空くので休みますなど…

予言できるでしょうか?

そもそも

肺に穴が空いた事が今現在の状態なのか?
肺に穴が空いた事を含め、身体に何が起きているのか?
それとも今病院に行くべきなのか?

この判断ができません。
判断というよりも
何が起きたのかもわからない。

といったほうが正直かもしれません。

例ですが

1:歯が痛くなったら歯医者。
2:耳に異常を感じたら耳鼻咽喉科。
3:鼻に異常を感じても耳鼻咽喉科。
4:目に異常を感じたら眼科

上記4点は異常がわかりやすい部位ではないかと。

この4点に関しては体の外面に当たります。
耳や鼻や口や目を診察する場合は身体の内側かもしれませんが…

肺は身体の内面のためにどのようなことで肺気胸なのかを知るためには
冒頭の引用記事にあるとおり

病院、診療所などでのレントゲン検査で気胸か調べる

もし

胸が苦しい、肩の周辺が痛む等心当たりがありましたら

早めの医療機関への診察をお勧めします。

さらに

気胸で入院になると大変です。

その時に備えがあればいいのですが…

そんなときに医療保険が最大の効果を発揮します。
最近では休業保障もサービス内容に盛り込んでいる保険もあります。

保険に関しては素人判断よりも
下記の医療保険のご相談をおススメします。

医療保険のご相談はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

長友選手が発症した気胸。

肺に穴が開くということで胸が苦しくなるということでした。

この記事をご覧の皆さんはお体を労り素敵な日々をお過ごしください。

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です