スポーツ情報

プロ野球協約の減額制限が恐ろしい?来年の税金がヤバい現実。

スポンサーリンク

いつもご覧いただきありがとうございます。

ずっと昔の頃から気になって気になって気になって仕方ない話題に
触れていきたいと思います。

プロ野球選手の生活源でもあるお給料のお話です。

一般の世間では給料(給与)と呼ばれ

・時給
・日給
・月給

の上記3点に分類されます。

そしてプロ野球の世界では

テレビやメディアでは契約更改という言葉で伝えられます。

プロ野球選手に関しては上記とは違い
年俸というものが給料に該当します。

年俸=1年間の収入

とご判断いただければ幸いです。

それではこのタイトルの

「プロ野球協約の減額制限とはどんな制限なの?年俸はどれほど下げられる?」

上記についての述べていきます。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

プロ野球協約とはどのような協約なのか?

こちらをご覧ください。

第92条 (参稼報酬の減額制限) 次年度選手契約が締結される場合、選手のその年度の参稼報酬の金額から以下のパーセンテー ジを超えて減額されることはない。ただし、選手の同意があればこの限りではない。その年度の 参稼報酬の金額とは統一契約書に明記された金額であって、出場選手追加参稼報酬又は試合分配 金を含まない。 (1)選手のその年度の参稼報酬の金額が1億円を超えている場合、40パーセントまでとする。 (2)選手のその年度の参稼報酬の金額が1億円以下の場合、25パーセントまでとする。

出典:野球協約公式

なにやらいろんな数字が書かれていますね。

一言で言うとまとめると

・参稼報酬(年俸)を下げていいパーセンテージがある。
・そのパーセンテージを超えても減額されることはない。

ただし

選手の合意があれば…

この限りではないと。

上記のパーセンテージについては

・年俸1億円以上→40%
・年俸1億円以下→25%

このように減額すると言うことがわかります。

それではこの

選手の合意があれば…

上記は一体どのようなことを意味するのでしょうか?

年俸は選手の合意でいくらでも下げれる?

ではどのようなことなのかを
プロ野球選手の例で契約更改についてで述べていきます。
(現役、引退の選手も含む)

・杉内俊哉(巨人)
・5億円→4,500万(減額 4億5,000万)

・小笠原道大(巨人)
・4億3,000万円→7000万(減額 3億6,000万)

・岩瀬仁紀(中日)
・3億円→5,000万円(減額 2億5,000万)

一例ではありますがとんでもない減額です。

杉内さんにとっては4億5,000万円の減額という…

華のように見えるプロ野球の現実の真実は
勝負の世界でただただ厳しいと言うのが感じられるはずです。

一般の我々には想像も予想もできる額ではありません。

4億5,000万の40%=2億円

上記であれば野球協定の40%に該当します。

しかし杉内投手は4,500万円です。

上記の野球協約92条に記載の通り

選手の合意があればこの限りではない

上記のように

この制度は選手側が納得の上で合意すれば
40%以上の減額が可能と言うことがわかりました。

ここまでは近年起きた契約更改についてのお話です。

そして

2018年にはこの金額を上回る事件が起きます。

金子千尋(オリックス)の減額が鬼すぎる!

オリックスのエースと呼ばれている大黒柱の投手の

金子千尋投手の契約更改に驚愕しました。

なんと

6億→1億

杉内投手の減額をはるかに上回る減額です。

5億円がなくなるという…

全く見当がつきません。

減額に応じる、
応じないで選手生命が決まる?税金は?

減額、減俸、減収と…

こうなれば他球団で交渉して移籍(自由契約)を希望する選手もいます。

杉内投手の場合は巨人に残留で合意しました。

金子投手の場合はオリックス退団を申し入れ
自由契約の道を選んだと報道されました。

オリックスの金子投手はパリーグいや日本の球界を代表する大エースです。

セリーグ、パリーグ問わず喉から手が出るほど欲しいでしょう。

自由契約で合意に至り移籍が決定すれば良いのですが、
ここで移籍の契約交渉が合意にならず不成立の破断になった場合は

移籍先をさがすか引退するか

このどちらかであると言われています。

それゆえに野球の試合中のケガではなく
選手生命に関わることになるとのことです。

これだけ減俸になると気になるのが

税金です。

サラリーマン方ならおわかりだと思いますが、
前年の所得を算出し翌年度の納税金額が決定します。

この税金を払わないといけないという…

税金で借金ができたとよく耳にしますが
こちらがその典型的な例に該当するのかと…

稼いだら稼いだだけ使うと地獄を見るのではないかとも感じました。

貯金も大事かもしれません。

まとめ

夢があって憧れの職業とされるプロ野球選手。

しかしスポーツに怪我はつきものではあります。

どんなにすごい記録を残しても大金を稼いでも生身の人間です。

それゆえに栄光もあれば影もあるのだと…

その中からまた新たにリスタートして必死な生き様を

全国のファンの皆さんに見せてくれることを期待したいですね。

ご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です