サーフィンスクール体験記-江の島編-①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前回の続編です。

あの日の悔しさ晴らすために

七里ヶ浜での初のサーフィンスクール。

あの日が悔しくてたまらなかった。

もう一度サーフショップ『Easy』のサーフィンスクールを受けようと試みるも、

夏の時期

スポンサーリンク
なので予約が取れません。

それでも僕は波に乗ってやるんだの思いが強く、ネットを駆使して空きのあるサーフィンスクールを探しまくりました。

そしてたまたま空きのあるサーフショップでのスクールを見つけました。

2回目のサーフィンスクール

そのサーフショップは

KAILOA-カイロア』といい、

小田急線片瀬江ノ島駅から徒歩数秒という絶好の場所にあります。

そこに電話連絡したのかネット予約したのかは記憶が曖昧なのですが、予約は完了しました。

サーフィンスクールの当日、

そのスクールは13時開始の為にそれよりも前に来てと説明があったのでそれに間に合うように余裕を持って自宅を出たのですが、

思いがけないトラブルが起きます。

予定外のまさかまさかの緊急事態

新宿駅から乗車した小田急線が急に止まって動かなくなったのです。

そしてしばらくして、車内アナウンスがあり『この先の区間で人身事故が発生した』と(T-T)

せっかく仕事の休みもとってこの日の為に

必死でイメトレしたのは何なのかと愕然としましたが、望みを捨てる事は絶対にしたくなかったのです。

全く運転再開の予定のない車内からカイロアへ連絡をします。

その時にご対応頂いた方が、『今回の電車のトラブルは仕方ない事なので、到着まで待ってます』と\(^o^)/

ダメ元での連絡でしたが、僕の強過ぎる願いが届いたみたいで嬉しいよりも
ありがとうございますの気持ちが強かった事とこれを書きながら思い出が蘇ってきました。

ようやく目的地到着

そのダメ元の電話連絡の後、なんとか電車は運行再開し13時を大幅に超えますが目的地の
片瀬江ノ島駅へ到着することができました。

片瀬江ノ島駅で下車したのはこの日が初で、江の電江の島駅とは全く違う雰囲気でした。

駅舎のデザインは龍宮城をイメージされてるようで、
この駅舎を記念に収めたい人たちで賑わっていました。

と僕はこんな悠長なことはできません。

スポンサーリンク

目的は波に乗る!!!一本乗る!!!いや、何本も乗ると!!!!!
乗れなかったらどうしようとかは一切アタマにはありません。

ここまでたどり着いたのだからこそ気持ちが今の自分を超えるんだと信じて
片瀬江ノ島駅前にある『KAILOA-カイロア』の入り口を潜りました。

続く

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。