surf-海-

サーフィンスクール体験記:七里ヶ浜編②

スポンサーリンク

前回の続編です。

さぁ、いよいよ海に出てのサーフィンスクールです。

まずは砂浜で波に乗る為の基本動作などを学びます。

これは実際に海に出るまでに陸でのトレーニング

スポンサーリンク
をして海に入水した時にそのトレーニングした事が少しでも出来るようにという目的があるそうです。

サーフボードを漕ぐ=パドリング

まずはボードで沖に向かう為に必須である『パドリング』について学びます。

パドリングはサーフボードの上に乗り、自分自身でボードを漕いで沖に向かう動作の事を意味します。
言葉で説明するのは簡単なのですが、コレを実際やってみるととんでもなくキツいんです。

まずパドリングするために、ボードに腹ばいで乗っかります。
その時にボード全体の真ん中におヘソを持ってくるのが良いらしく、そのようにして乗ります。

ボードの上に腹ばいになって乗った時、ボードの先端(ノーズ)が少しだけ浮くのが、
サーフボードが最も水平な状態であるとの事です。

ここまではなんのの苦でもないのですが、

ここからです!!
ボードに乗っかった時に、胸を反らします。

どういう姿勢かというと、筋トレでよくやる『背筋』の動作と同じです。
しかしこの胸を反らすのがキツいんです。
とにかくキツくてたまらなかかったのを今でも覚えています。

何しろ普段使うことのない箇所を動かす事を繰り返すやるわけなので、翌日筋肉痛が(T-T)

なぜ胸を反らさないといけないのかですが、これには人により賛否両論あるようなのですが、

胸をペタッとボードにくっ付いているとボードを漕ぐ時に力が入らないみたいで、
胸を反らすと肩の筋肉や背中の筋肉をフル稼働して力強く水をかくことができ、
長時間持続してパドリングかできるようです。

でも初心者の方にとっては普段使っていいない筋肉を動かすのは相当キツイのです。

ボードの上の立つ動作=テイクオフ

パドリングを学んだ後は、ボードに立ち上がる動作の「テイクオフ」について学びます。

これを砂浜で何回も練習します。
砂浜だからこその利点があり、海と違って砂浜は安定しているのでボードに立ち上がるには
ちょうど良い練習になります。

ボードに腹ばいの姿勢から、ボードに手をついて両足でフラつかず立つことができれば良いみたいですが、ビデオをみて簡単にできると思っていたのですが実際やってみると難しかったです。

陸で難しいわけですから、常に変化している海の動きの中ではそれはそれはさらに難しく…

そうして陸トレが終わり、いよいよ海での実践です。

思いもしなかった海でのサーフィン

パドリングや、テイクオフを陸で練習したことを思い出しながら海での実践です。
その時は僕ともう一人の女性の方がいて合計二人で一人の講師の方にレッスンを受けました。

短時間の陸トレで身につけたパドリングと、テイクオフを少しでも生かそうと必死でした。
しかしそんなに現実は思ってた以上に厳しく、教えてもらったことをやろう意識はしているのですが、
思ったように身体がいうことを聞いてくれません。

パドリングしようとするも、ボードに乗るバランスが良くなくてグラついてコケるのです。
数回ならまだしも、ボードに腹ばいになるたびにぐらつき安定感ゼロです。

その僕とは対象的に、もう一人の女性はパドリングも、テイクオフも難なくこなしているのです。
しかもボードの上にも立てていて、何本も波に乗って楽しそうにしていました。

それを見ていて僕もなんとかやろうと躍起になりますが、
どんなに強い気持ちを注いでも、何が正しいのか?間違っていいるのか?も分からなくなっていました。

スポンサーリンク

講師の方は必死になって教えてくれますが、その期待に応えようとすればするほど気持ちは空回りで…

まずパドリングがうまくいかないのに、テイクオフがうまくできるなんてまずあり得ませんので、
どんなに強い気持ちを持ってしてもテイクオフも全くできませんでした。

そしてスクールの終わりの時間がきます。

結局は波に乗るどころか、全く何もできずにそのレッスンを終ました。

初めてのサーフィンスクールは悔しさしかありませんでした。

必死になってレッスンしてくれた講師の方に申し訳ない気持ちがいっぱいで、
憂鬱な気持ちで七里ガ浜に背を向けて、江の電に乗り帰宅しました。

 

この場をお借りしますが、七里ガ浜の「Easy」の講師の方、

僕とご一緒だった女性の方、ありがとうございました。

こうしてこの日をさかいに僕は何よりもサーフィンに情熱を注ぐ日が始まったのです。

続く

スポンサーリンク
スポンサーリンク